ウナギ「適切な消費量の上限を」…海部准教授

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 海部健三・中央大准教授(保全生態学)と、ウナギに関する作品もある漫画家のラズウェル細木氏が31日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、「ウナギと日本の食文化」をテーマに議論した。

 絶滅の恐れがあるニホンウナギについて、海部氏は「適切な消費量の上限を設定しなくてはいけない。(水産資源として)国が管理をする責任がある」と述べた。

 ラズウェル細木氏は土用のうしの日にウナギを食べる文化について「風物詩として定着しているので、やめてしまえというのは過激な話だ」と述べた。

34805 0 経済 2018/07/31 22:57:00 2018/07/31 22:57:00 2018/07/31 22:57:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ