文字サイズ

    「2島で最終決着という可能性も」玄葉・元外相

     新党大地の鈴木宗男代表と玄葉光一郎・元外相が15日、BS日テレの深層NEWSに出演し、シンガポールで14日に行われた日露首脳会談について議論した。

     鈴木氏は、安倍首相とロシアのプーチン大統領が1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させることで合意したことについて、「自分の手で仕上げると、首相は決意と覚悟を表明した。見事な首脳会談だった」と評価した。

     玄葉氏は「首相はリスクをかけて勝負に出た。(歯舞、色丹の)2島先行ならいいと思うが、2島で最終決着という可能性もかなりある」と指摘した。

    2018年11月15日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP