五輪で「新生ニッポンを見てもらう」…森喜朗氏

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相が4日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、東京五輪パラと今年9月に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会について思いを語った。

 森会長は東京五輪パラ開催について、東日本大震災など災害を経て「新生ニッポンを世界に見てもらうのが一番の狙い」と強調。また日本ラグビー協会の名誉会長として、ラグビーW杯について「成功の鍵は日本が良い試合をすること。ラグビーを理解する子どもたちをたくさん作ること」と述べた。

58429 0 スポーツ 2019/01/04 23:40:00 2019/01/04 23:40:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ