文字サイズ

    トランプ氏が自賛「ケネディ大統領以来の快挙」

    「米中間選挙」まとめ・解説はこちら
    • 7日、米ワシントンのホワイトハウスで行われた記者会見で、質問者を指名するトランプ大統領(ロイター)
      7日、米ワシントンのホワイトハウスで行われた記者会見で、質問者を指名するトランプ大統領(ロイター)

     【ワシントン=橋本潤也、山本貴徳】トランプ米大統領は米中間選挙から一夜明けた7日、ホワイトハウスで記者会見し、来年1月から上下両院で多数派が異なる「ねじれ」となることを受けて、下院の多数派となる野党・民主党に対し、「今こそ互いに協力すべきだ」と経済や貿易問題などでの協力を呼びかけた。

     トランプ氏は中間選挙の結果について、上院で改選前の51議席を上回る見通しになっていると強調し、「1期目の中間選挙では1962年のケネディ大統領以来の歴史的快挙だ」と自賛した。

     民主党への協力呼びかけについては、「我々は米国民のため一緒にやれることがたくさんある。超党派の取り組みや両党の協調が望ましく、とても良い機会だ」と語った。具体的には、経済やインフラ(社会基盤)整備、貿易問題などを例に挙げた。トランプ氏が取り組んでいるインフラ整備予算の増額や貿易で不利益を被る国内労働者の保護は、民主党内にも支持する声があり、比較的協調しやすい案件とされる。

    (ここまで419文字 / 残り635文字)
    2018年11月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP