文字サイズ

    「尖閣に安保」共同声明…中国、断固とした反対

     【北京=蒔田一彦】中国外務省の耿爽グォンシュアン副報道局長は13日の定例記者会見で、日米首脳会談後に発表された共同声明に、沖縄県・尖閣諸島に対する日米安保条約の適用や南シナ海の軍事拠点化への懸念が盛り込まれたことについて、「深刻な懸念と断固とした反対」を表明した。

     耿氏は「誰が何と言おうと、釣魚島(尖閣諸島の中国名)が中国に属するという事実は変えることができない」と主張。南シナ海の軍事化については、米国を念頭に「艦船や航空機を派遣して武力をひけらかすことが、南シナ海の軍事化を進める最大の要因だ」と反論した。

    2017年02月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP