政治…名護市長に自公系新人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

名護市長選で当選が確実となり、花束を受け取る渡具知武豊氏(左)(4日午後10時38分、沖縄県名護市の事務所で)
名護市長選で当選が確実となり、花束を受け取る渡具知武豊氏(左)(4日午後10時38分、沖縄県名護市の事務所で)

名護市長に自公系新人

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設受け入れの是非が問われた名護市長選が投開票され、移設容認の自民、公明両党などが支援する前市議の新人・渡具知武豊氏(無)が、移設反対派の現職・稲嶺進氏(無)を破り、初当選した(4日)

山口県知事選

 現職の村岡嗣政氏(無)が再選(4日)

長崎県知事選

 現職の中村法道氏(無)が3選(4日)

大学定員抑制法案を決定

 政府は、東京23区の大学の定員増を原則10年間禁止する「地域大学振興法案」を閣議決定(6日)

日韓首脳会談

 安倍首相は、韓国・平昌ピョンチャンのホテルで文在寅ムンジェイン韓国大統領と会談し、慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意を着実に履行するよう求めた。北朝鮮に対しては、日米韓が連携して朝鮮半島の非核化に向けて最大限の圧力をかけ続ける方針を確認した(9日)

高校「深い学び」重視

 文部科学省は、必修科目として日本史と世界史を融合させた「歴史総合」の創設などを柱とする高校の学習指導要領の改定案を公表した。討論などを通じた「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)を全教科に導入する(14日)

裁量労働制、データ不備で断念

 安倍首相は、今国会に提出予定の働き方改革関連法案から、裁量労働制の対象業務を拡大する部分を切り離すよう加藤厚生労働相らに指示。裁量労働制を巡る厚労省の不適切データ問題が明らかになり、批判が強まったことを考慮した(28日)

無断転載・複製を禁じます
10463 0 ニュース月録 2018/03/04 04:25:00 2020/10/13 05:52:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180305-OYT8I50008-1.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ