文字サイズ

    「2016年9月 電話全国世論調査」

    ▽調査日:2016年9月9-11日 対象者:全国の18歳以上の有権者
     方法:RDD追跡方式電話聴取法
     有効回答 固定526人、携帯546人(回答率 固定57%、携帯41%)
     ※選択肢の右の数字は%、小数点以下四捨五入。0は0.5%未満。


    Q あなたは、安倍内閣を、支持しますか、支持しませんか。
      答 1.支持する 62    2.支持しない 29    3.その他 3    4.答えない 6

    SQ 【質問対象=前問の答えが「1」の人だけ】
        支持する理由を、次に読みあげる6つの中から、1つだけ選んで下さい。
      答 1.政策に期待できる  14    5.自民党中心の政権だから 15
        2.首相に指導力がある 18    6.これまでの内閣よりよい 37
        3.首相が信頼できる  11    7.その他         1
        4.閣僚の顔ぶれがよい 2    8.答えない        2

    SQ 【質問対象=前問の答えが「2」の人だけ】
        支持しない理由を、次に読みあげる6つの中から、1つだけ選んで下さい。
      答 1.政策に期待できない   27    5.自民党中心の政権だから  27
        2.首相に指導力がない   7    6.これまでの内閣の方がよい 4
        3.首相が信頼できない   23    7.その他          1
        4.閣僚の顔ぶれがよくない 8    8.答えない         3

    Q 今、どの政党を支持していますか。1つだけあげて下さい。
      答 1.自民党 46    5.日本維新の会        3    9.その他の政党    1
        2.民進党 8    6.社民党           1   10.支持する政党はない 31
        3.公明党 3    7.生活の党          0   11.答えない      2
        4.共産党 4    8.日本のこころを大切にする党 0
                      
    Q 安倍内閣の経済政策を、評価しますか、評価しませんか。
      答 1.評価する 50    2.評価しない 39    3.答えない 11

    Q 安倍内閣のもとで、景気が今よりも良くなると思いますか、思いませんか。
      答 1.思う 33    2.思わない 55    3.答えない 11

    Q 自民党は、専業主婦などがいる世帯の所得税を軽くする「配偶者控除」の見直しに取り組む方針です。あなたは、配偶者控除を見直すことに、賛成ですか、反対ですか。
      答 1.賛成 67    2.反対 23    3.答えない 10

    Q 安倍首相は、ロシアのプーチン大統領と会談し、北方領土問題に関する交渉を進めることを改めて確認しました。あなたは、北方領土問題が解決に向かうと思いますか、そうは思いませんか。
      答 1.解決に向かう 22    2.そうは思わない 71    3.答えない 7

    Q 安倍首相は、北方領土問題を解決するため、ロシアとの経済協力を積極的に進める方針です。こうした首相の方針を、評価しますか、評価しませんか。
      答 1.評価する 66    2.評価しない 27    3.答えない 7

    Q 北朝鮮は、5回目の核実験を行いました。日本は、北朝鮮に対する制裁を、強めるべきだと思いますか、その必要はないと思いますか。
      答 1.強めるべきだ 81    2.その必要はない 15    3.答えない 5

    Q 安倍首相は、2年後の9月に、自民党総裁としての任期を終えます。あなたは、安倍首相の総裁としての任期を延長することに、賛成ですか、反対ですか。
      答 1.賛成 48    2.反対 43    3.答えない 8

    Q 今月15日に行われる民進党の代表選挙には、次の3人が立候補しています。新しい代表には、誰が最もふさわしいと思いますか。
      答 1.蓮 舫 47    2.前原誠司 31    3.玉木雄一郎 5    4.答えない 16

    Q 民進党は、この夏の参議院選挙で、共産党と選挙協力を行いました。あなたは、政権を選ぶ次の衆議院選挙でも、民進党が共産党との選挙協力を続けることに、賛成ですか、反対ですか。
      答 1.賛成 40    2.反対 46    3.答えない 14

    Q 天皇陛下は、「生前退位」の意向を示唆されています。現在の皇室の制度では、天皇陛下が生前退位をすることはできません。あなたは、生前退位についてどう思いますか。次の3つの中から、1つ選
       んで下さい。
      答 1.今の天皇陛下だけに認める    24    
        2.今後のすべての天皇陛下に認める 67    
        3.生前退位を認める必要はない   5     4.答えない 3

    Q 天皇陛下が重い病気などになった場合、天皇の仕事を代わって行う「摂政」をおくことができます。天皇陛下のご高齢を理由に、摂政をおくことを認めてよいと思いますか、思いませんか。
      答 1.思う 79    2.思わない 17    3.答えない 4

    2016年09月16日 14時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP