世界の碁に挑む(1)「世界一の棋士 羽ばたけ」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

父が鍛えた中韓の碁に挑む

「世界と戦える棋士を育てる」のが藤沢一就八段(右から2人目)の目標。子どもたちを指導する目も真剣だ(東京・新宿の「新宿こども囲碁教室」で)
「世界と戦える棋士を育てる」のが藤沢一就八段(右から2人目)の目標。子どもたちを指導する目も真剣だ(東京・新宿の「新宿こども囲碁教室」で)

 6畳ほどの部屋。静まりかえった空間にパチッパチッと碁石を打つ音が響く。

 「この手の目的は何?」「こう打った方が普通だったんじゃないかな」

 決して声は荒らげないが、強い意志を感じる口調だ。東京・大久保の天豊道場。プロ棋士を目指す少年少女の碁を師匠の藤沢一就八段(53)が講評する。空気がピンと張りつめる。

 「世界と戦える棋士を育てる」――。2000年に東京・新宿で「新宿こども囲碁教室」を開いた藤沢八段。教室から歩いて約20分の場所に道場を構えたのは07年だ。教室には3歳から中学生まで約200人が通い、そこから選ばれた子を中心に、9歳から17歳の約20人がプロを目指す。

 「世界一だった日本の囲碁が中国・韓国に抜かれて悔しかった」と、藤沢八段は育成を始めたきっかけを話す。それだけではない。

 中韓を強くした一因は、藤沢八段の父、故・藤沢秀行名誉棋聖にあるのだ。

 棋聖戦を6連覇、「シュウコウ先生」の呼び名で親しまれた藤沢名誉棋聖は、成長期の中国棋界の熱気を愛した。10回以上も海を渡り、聶衛平じょうえいへい九段、馬暁春ばぎょうしゅん九段ら世界のトップを鍛えた。「その姿を見てきたから、というわけでもないのですが」。藤沢八段は笑いながらいう。父が強くした「世界の碁」。それに立ち向かうことが、息子のテーマになった。

 日本棋院のプロの卵を「院生」という。東京本院、60人の院生のうち、藤沢一門は18人を占める。プロ入りした弟子は9人。「20年近く続けて、ようやくノウハウが出来てきた」と藤沢八段。「じゃあ、次の碁を並べようか」。長身痩躯そうく、鋭い眼光が少し和らいだ。

棋聖戦6連覇中の藤沢秀行名誉棋聖(1981年1月撮影)
棋聖戦6連覇中の藤沢秀行名誉棋聖(1981年1月撮影)

ふじさわ・かずなり

 1964年8月12日生まれ。東京都出身。師匠は、父・藤沢秀行名誉棋聖。77年に院生となり、81年にプロ入り。藤沢里菜女流立葵(たちあおい)杯は長女。門下に昨年の本因坊戦挑戦者・本木克弥八段、今年初タイトルを獲得した上野愛咲美(あさみ)女流棋聖らがいる。


「飯食わせるためじゃねえ」

父・藤沢秀行名誉棋聖(中央)との訪中時、現在も女流トップとして活躍するゼイ廼偉九段(右)と対局する藤沢一就八段(1980年代前半、藤沢八段提供)
父・藤沢秀行名誉棋聖(中央)との訪中時、現在も女流トップとして活躍するゼイ廼偉九段(右)と対局する藤沢一就八段(1980年代前半、藤沢八段提供)

 20世紀終盤、中国の囲碁棋士が飛躍的に強くなった一因には、十数回にわたる藤沢秀行名誉棋聖の指導があった。初期の訪中団には藤沢一就八段も加わった。

 「熱気はすごかったですね。昼間の指導が終わってホテルに帰っても、大勢の棋士が追加の指導を求めてやってきた。あの頃、外国人の泊まるホテルに一般の中国人はなかなか入れなかったはずなのですが。昼間打った碁の講評に加え、早碁で教えを請う棋士もいた」

 藤沢名誉棋聖自身は著書「碁打秀行」でこんなふうに当時を回想している。

 〈私が一局指導したとすると、その相手は一期一会の気持ちで臨む。このチャンスに何ものかを得よう、つかもうと全精力を傾けるのである。さながら砂地に水をまくようなもので、みるみる吸収していくのがわかる〉

 もともと藤沢名誉棋聖は、国籍を問わず、才能のある若者たちが好きだった。国内でも研究会を主宰し、合宿を行った。ただ、日本の棋士には「飯食わせるために教えてるんじゃねえ」という不満も持っていた。

 「『ちょっと勝てるようになって飯が食えるようになると、勉強しなくなる。あいさつもしなくなる。大した碁を打ってるわけでもねえのに』ってね」

 一枚の写真がある。碁盤を挟んで左は10代の藤沢八段、右の女性は中国囲碁界の「レジェンド」、ゼイ廼偉九段である。若い2人の真剣な対局を、藤沢名誉棋聖が見守っている。

 「本当に楽しそうですね。自分が同じ年代になってみると、あの頃の父の情熱には頭が下がります」と藤沢八段。

 父が鍛えた中国。そこでの日々は、「世界」を目指す息子のまぶたの裏に今でも焼き付いているのだ。

続く

 (文・田中聡)

31053 0 密着Document 2018/06/26 15:00:00 2018/06/26 15:00:00 2018/06/26 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180626-OYT8I50025-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ