コロナ直撃 介護保険20年の課題(要約)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調査研究本部主任研究員 林 真奈美

 介護保険の創設から20年。少子高齢化の進行で制度の持続可能性が危ぶまれ、立て直しを迫られる中、新型コロナウイルス感染症が介護現場を襲った。高齢者施設でのクラスター発生、デイサービス(通所介護)の休止や縮小、急激な需要増に対応しきれない訪問介護――。各地で「介護崩壊」寸前の事態が発生し、地域の介護サービス基盤の脆弱性が露わになった。政府の支援策が後手に回る中、欧米のように介護施設から大量の犠牲者を出すことなく持ちこたえたのは、現場スタッフの努力と工夫の結果と言えよう。重症化しやすい高齢者が集まる介護現場での感染防止は、医療崩壊を防ぐ上で極めて重要だ。第二波、第三波に備えた対策を急がねばならない。

 コロナ禍であぶり出された介護現場の“もろさ”は、介護保険制度そのものが抱える問題――「財源」と「人材」の不足――の帰結である。

 創設時に17・4%だった高齢化率は今や28・9%に達し、介護保険の総費用(自己負担分含む)は3倍超の11・7兆円に膨張。65歳以上の保険料の全国平均も月5869円と倍増した。介護保険財政が逼迫する中、介護報酬(介護サービスの単価)も抑え込まれ、介護職の低賃金と人手不足が慢性化している。

 今年はほぼ3年ごとに行われる制度改正の年だったが、6月に成立した改正介護保険法では大幅な改革は見送られ、微修正にとどまった。軽度者向けサービスの見直しや保険料を支払う被保険者の範囲拡大など、懸案事項の検討を急ぐべきだ。

 近年の改正では、「介護予防」や「自立支援」が強調される傾向にある。ただ、介護保険はそもそも介護が必要になった人を支援するのが主たる目的だ。「予防で費用抑制」は楽観的に過ぎよう。財源と人材の不足という難題に真正面から向き合わねばならない。

 「コロナ直撃 介護保険20年の課題」は、読売新聞社が発行する季刊誌「読売クオータリー」2020夏号(NO.54)に掲載されています。「読売クオータリー」は、国内外の重要政治課題や社会問題に加え、防衛や外交などの安全保障問題にも焦点を当て、調査研究本部研究員や専門家による論文、講演録などのほか、本社定期世論調査のデータと分析なども季節ごとに読者に提供しています。

 4、7、10、1月の末日に発売される各号は、1冊524円(税込み、送料別)。年間購読の場合は、送料は無料とし、1年分4冊で計2096円となります。

 埼玉県内の読売センター(YC)でも扱っており、YCから購入の場合は送料はかかりません。

 小社からの直接購入をご希望の方は電話か電子メールでお申し込みください。

・ご入金を確認後、送品させていただきます。なお、入金の確認には10日ほどかかります。ご了承ください。

・定価は変動する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 ※お送りいただいた氏名、メールアドレス、電話番号などすべての個人情報は、定期購読・バックナンバー販売のためだけに利用し、その他の目的には一切利用しません。

◆電話でご注文

03-5299-1765(中央公論新社読売販売部)にお電話下さい。

受け付けは月~金曜 午前10:00~午後5:00です。(祝日、年末年始の休日除く)

◆電子メールでご注文

sales@yomiuri.comへ、お名前、メールアドレス、郵便番号、ご住所、電話番号に、「読売クオータリー定期購読希望」と書いてお送りください。バックナンバーご希望の場合は、本の号数、冊数、お名前、メールアドレス、ご住所、電話番号を必ずご記入ください。在庫を確認して、ご連絡します。

無断転載・複製を禁じます
1432675 0 読売クオータリー 2020/08/25 19:01:00 2020/08/25 19:20:56 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200825-OYT8I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ