読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

18歳選挙権だけじゃ変わらない「隠れた格差」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今年7月の参議院選挙から、18歳、19歳の若者が選挙権を手にし、70年ぶりに参政権が拡大する。政治参加の不平等といえば、これまで票の価値が地域によって異なる「一票の格差」が注目されてきたが、世代間の格差についてはどうだろうか。選挙データを分析し、作成した下のグラフをご覧いただきたい。若者の声が政治に反映されなくなる一方、高齢者の発言力が高まっていることがおわかりいただけるだろう(2ページ目に詳述)。「18歳選挙権」は、こうした流れを変えるきっかけとなるのだろうか。白鳥教授に寄稿してもらった。

 ※過去の参院選における投票者の年代別データを分析したグラフ(読売新聞作成)。割合でも実数でも、若者が減り、高齢者が増えてきていることがわかる。

地域による「水平格差」、個人の属性に基づく「垂直格差」

18歳選挙権実現を記念したイベントに集まった高校生ら(昨年6月撮影)
18歳選挙権実現を記念したイベントに集まった高校生ら(昨年6月撮影)

 2016年は、選挙の年である。夏に参院選が予定されている。

 この選挙から、いくつかの大きな制度的な変更がある。「一票の格差」をめぐる議席の調整により、県選挙区をまたいだ合区で初めての選挙が行われる。

 だが、何といっても、この夏の参院選において注目すべきは、「18歳選挙権」の導入であろう。合区が地理的な「水平的な格差」の是正であるとするならば、この「18歳選挙権」の導入は、年齢という個人の属性にまつわる「垂直的な格差」の是正としてとらえることができる。

 「一票の格差」といえば、選挙区における議員1人あたりの当選に必要な有権者の数、すなわち「一票の価値」に焦点が当たることが多いが、その本質は政治参加の機会が平等かということである。若年層世代の声が他の世代に比べて届きにくくなっているならば、「18歳選挙権」を導入して若年層世代の有権者を増やすのは当然の対応といえる。

日本民主主義の「第三の波」とは

 この「18歳選挙権」の導入は、果たして日本政治にどういった意味をもたらすのか。

 現代世界の民主主義の展開において、かつて米国の国際政治学者、サミュエル・ハンチントンは「波」といわれる、いくつかの段階が存在することを提起した。その議論を視野に入れると、「18歳選挙権」の導入は、日本の選挙制度における「第三の波」と理解することができるのではないだろうか。

 「第一の波」としての、大正デモクラシーを背景とした大正期の1925年の男子普通選挙権の導入。「第二の波」としての、戦後の現行憲法のもとでの昭和期の1945年の女性参政権の導入といった二つの「波」に続くものだ。

 大正期の「第一の波」は、「経済的な格差」を是正するものであり、昭和期の「第二の波」は、「性差(ジェンダー)による格差」を是正するものであった。平成期の「第三の波」としての2015年の「18歳選挙権」の成立、そして今年2016年からの実施は、年齢に基づく「世代による格差」を是正するものといえる。

 これら「三つの波」は、財産や性別、年齢といった有権者個人の属性という「垂直的な格差」を是正するもので、日本の民主主義の展開において、大きな意義がある。

新たに生まれる240万人の有権者

婦人参政権が認められた戦後初の衆院選では39人の女性代議士が誕生した
婦人参政権が認められた戦後初の衆院選では39人の女性代議士が誕生した

 大正期の「第一の波」は、裕福な層に限定されていた選挙権を納税基準の撤廃によって、25歳以上のすべての成年男子を対象にした。この結果、人口の5%ほどの300万人から、20%余りの1200万人へと、有権者は4倍に増えた。

 昭和期の「第二の波」は、20歳以上のすべての男女に選挙権を付与することによって、当時の人口の約半分である3600万人余りの有権者を誕生させた。平成期の「第三の波」は、18歳以上を有権者として加えることで、新たに人口の2%ほどの240万人余りの若年層有権者を誕生させる。これは数としては少ないが、これまでより早い段階で政治に参加する機会を与えられるという意味で、日本政治を大きく変えていく可能性を持っている。

 しかし、若年層の20歳代の人口1300万人に対して、高齢者層の60歳代の人口は1800万人と、絶対数で1.4倍近い。その上、最近の選挙における世代別の投票率に目をやると、60歳代の高齢者層が6割を超えるのに対して、世代が若くなるにつれて低下し、20歳代の若年層は3割台にとどまる。その差は2倍の開きがある。

 


1

2

3

無断転載・複製を禁じます
31132 0 深読み 2016/04/19 11:47:00 2016/04/19 11:47:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20160415-OYT8I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)