読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

選挙と骨粗しょう症~50年後の民主主義を殺さないために

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 夏の参院選から投票年齢が18歳に引き下げられるのを契機に、将来を担う若い世代の政治参加をどう促すか、議論が活発になっている。二つのポイントに注目してみたい。第一に、投票率の低い現代の若者が将来、高齢者になった時に、今の高齢者のような高い投票率になるのかどうか。第二は、18歳、19歳の意識が高まったとしても、それ以上に、2度目、3度目の国政選挙となる20歳代への働きかけが重要だという点だ。下のビジュアルは、同一年齢のグループが過去の参院選でどのような投票行動を取ってきたかを示したものだ。横軸下の青い「選ぶ」ボタンを操作して自分の年齢に合わせると、自分の世代が過去の選挙でどのように投票してきたかが一目瞭然となる。それを参考にしつつ、二つのポイントについて考えてみたい。

骨の量も投票率も、20歳がその後を決める?

20歳前後の骨の量が年を取ってから重要だというが…
20歳前後の骨の量が年を取ってから重要だというが…

 選挙の世代別投票率は、骨粗しょう症が起こるメカニズムと似ている。

 骨の密度が低くなって折れやすくなる骨粗しょう症になるかどうかは、20歳前後に人生最大となる骨の量(ピークボーンマス)の多寡が大きな要素になる。この時期を過ぎると、骨量は増えないので、20歳前後の時の骨量が少ないと、年を取って骨粗しょう症になるリスクが高まるから、成長期に運動や栄養に気をつける必要があるというのだ。

 選挙の投票率も、若い時に投票所に足を運ぶかどうかが、後々影響してくる。だから、若い時に政治に対する関心を高め、政治参加の経験をしておくことが大事だ。

年を取れば投票に行くようになる?

 世代別投票率を見ると、総じて若者が低く、高齢者が高い。それ自体は事実だが、「若い時は政治に関心がないが、高齢者は政治に関心があるので、投票率が高い」という「命題」は、正しいのだろうか? 若い時に投票所に足を運ばなかった人が、年を取ると投票に行くようになるというなら別だが、そうでないとすれば、いささかこの説明は乱暴だと言える。

 旧自治省や今の総務省が行っている「年齢別投票率調」(抽出調査)で、1986年の第14回参院選で20歳だった人(2016年時点で50歳)と、その6年後の92年、第16回参院選で20歳だった人(同44歳)をサンプルに、分析してみよう。86年の20歳の投票率は48.6%だったのに対し、92年の20歳の投票率は30.5%だ。

 参院選で4回分にあたる12年後に、彼らはそれぞれ30歳代になっている。86年の20歳は98年の第18回参院選で32歳、投票率は50.5%だった。92年の20歳は2004年の第20回参院選で32歳、投票率は43.9%だ。

 そこから9年後には彼らは40歳代に突入する。07年の第21回参院選での41歳の投票率は56.7%になった。13年の第23回参院選での41歳の投票率は48.1%だ。86年の20歳が41歳になるまでの間の投票率の伸びが1.2倍であるのに対し、92年の20歳が41歳になるまでの間の伸びは1.6倍だから、伸びしろとしては後者の方が大きかったのだが、依然、投票率は50%を超えていない。

初めての投票と、2回目、3回目との違いは?

 年齢を重ねるにつれ、投票所に行く人は増えるものの、劇的には伸びない。比較の例として挙げた92年の20歳の投票率が、86年の20歳の投票率よりも極端に低くなっているのは、この時期、リクルート事件などの影響で政治不信が増幅され、支持政党のない無党派層が増えるのに伴い、投票率が全体でも急速に落ち込んでいったことが背景にある。とはいえ、最初か、最初に近い段階で投票所に行かなかった若者は、その後、政治状況が変わっても、年齢を重ねても、急に投票所に行くようになるわけではないことは明らかだろう。

 選挙では次々と新たな世代が有権者に加わるが、20歳代の投票率が一貫して全世代の中で最下位、しかも3割前後で低迷しているのを見る限り、将来、有権者全体の投票率が上がることに期待はしにくい。比較事例で取り上げた92年に20歳だった人が、働き盛りの50歳になる2022年の参院選でも投票率が50%を超えないようだと、有権者全体の投票率は相当に低くなるはずだ。近年の国政選挙は、投票率の低さが一因となって、第1党の座を獲得した政党が、有権者総数の4分の1程度の得票数で、圧倒的な議席数を得るという現象が続いている。そんな選挙が続けば、政治不信どころか、選挙不信という状況にもなりかねない。

 この問題への対応を考える時、ヒントになるかもしれないのは、世代別投票率が最下位の「20歳代前半」というカテゴリーの中でも、「20歳の投票率」は、21歳、22歳、23歳、24歳に比べ、高い傾向があることだ。

出典: 総務省ホームページ をもとに作成

 

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
31066 0 深読み 2016/05/06 05:20:00 2016/05/06 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20160506-OYT8I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)