ウザくてもOK?新人が“ちょっかい上司”を望むワケ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

グイグイきてほしい

 このようにこの半年ほどの間、若者の間で爆発的なヒットを記録したストーリーには、昭和世代には馴染み深い“すぐ、ちょっかいを出す人たち”が描かれているのです。

 ウッチャンと水トアナが選ばれたのは、「親しみやすい」「温厚そう」という面もありました。言い換えれば、「ボクが困っていたら、優しく声をかけてくれそう」な“ちょっかいタイプ”が求められているということです。

 ちなみに2位以下を見ても、男性のランキングでは青山学院大学を箱根駅伝で3連覇に導いた原晋監督が圏外からいきなり4位に躍り出ています。原監督といえば「コミュニケーション力」で注目される指導者。選手が体の不調を訴えたら、「どうしたの?」「いつから痛いの?」とグイグイ介入してきて、治るまで寄り添ってくれる面倒見の良さがよく知られています。

 同じく圏外からランキング入りした元SMAPの中居正広さんも、「親しみやすい」という点が評価されています。バラエティー番組などの司会がすっかり板に付いた中居さんは、ジャニーズ事務所の後輩や共演者に、うまくちょっかいを出す姿が好感をもたれています。

男性 女性
2017年 2016年 2017年 2016年
1位 内村光良 松岡修造 水ト麻美 天海祐希
2位 タモリ(森田一義) 池上彰 天海祐希 篠原涼子
3位 池上彰 明石家さんま 吉田沙保里 澤穂希
4位 原晋 所ジョージ 石田ゆり子 北斗晶
有働由美子
5位 所ジョージ タモリ(森田一義)
内村光良
有働由美子
6位 イチロー 澤穂希 夏目三久
7位 関根勤 イチロー
長谷部誠
ローラ 真矢ミキ
8位 中居正広 いとうあさこ 関根麻里
吉瀬美智子
9位 城島茂
林修
笑福亭鶴瓶 真矢ミキ
大江麻里子
10位 設楽統 いとうあさこ・吉永小百合

誘ってくれる「良き飲み友達」がいい

 女性の2位以下も同様です。先に紹介したドラマ「逃げ恥」で、主人公のみくりに余計なお節介を焼くキャリアウーマンの「百合ちゃん」を演じた石田ゆり子さんが、圏外からいきなり4位にランクインしました。みくりにとって、百合ちゃんは向こうから誘ってくれる「良き飲み友達」であり、すぐ「どうしたの?」と聞いてくれる「良き相談相手」という存在でした。

 やはり圏外から7位にランクインしたローラさんは、「明るい」という性格に加え、「親しみやすい」ことが評価されたそうです。ローラさんと言えば、先輩・後輩を問わず、いわゆる“タメ口”で話しかけ、壁を取っ払ってだれとでも親しくなってしまいます。にもかかわらず、無遠慮なうっとうしい人とは思われないお得なキャラクターです。

 間もなく入社してくる新人たちの理想とする上司は、「向こうから近づいてくれて、親しみやすい」ことが、とても重要です。新たにランクインした女性陣の顔ぶれをざっと見ても、気軽に声をかけてくれ、おいしいものを一緒に食べに行き、個人的なことにも踏み込んで気にかけてくれるようなタイプなのではないでしょうか。

 ひと言でまとめるなら「ちょっかい上司」。ちょっと前だったら、「ウザい」と敬遠されるような親密な関係が求められているのかもしれません。

【あわせて読みたい】
・あなたは大丈夫?間違いだらけのビジネス用語
・日給12万円!私が「ドクターX」になったワケ
・知らないと損をする会社を辞める絶妙なタイミング

1

2

3

4

5

無断転載禁止
432765 0 深読み 2017/02/18 08:12:00 2017/02/18 08:12:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170216-OYT8I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ