実は、交通事故より多い家庭内の死亡事故

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

交通事故死の2倍以上

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 厚生労働省がまとめている「人口動態統計」(2015年)によると、1年間に家庭内で発生した不慮の事故死は1万3952人で、この数字は交通事故死の5646人の2倍以上となっています。

 どのような事故が家庭内で起こっているか具体的な数字を挙げてみると、最も多かったのは「溺死及び溺水」で5160人。次いで、「窒息」の3838人、「転倒・転落」の2634人、「煙・火災」の828人と続きます。

溺死の9割は65歳以上

 家庭内事故で最も多い「溺死」は、65歳以上の高齢者が9割以上を占めています。その多くは、冬場の浴槽内で発生しており、住まいの断熱性と大きな関係があります。

 断熱が十分でない古い家屋は、暖房をしている部屋としていない部屋に大きな温度差が生じます。冬場、暖房をしている居間から、冷たい廊下に出て脱衣室に移動し、服を脱ぎ、冷え切った体で熱いお湯につかるという行動をしたとき、急激な温度変化が原因で血圧が大きく上下し、心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまうのです。

 このような現象は「ヒートショック」と呼ばれ、最近ではよく知られるようになりました。ヒートショックを予防するために、高齢者が入浴する時にはあらかじめ暖房器具で脱衣室や浴室を温めておくこと、熱いお湯に長時間つからないようにするなど、入浴方法を見直すことが大切です。家全体の断熱性能を上げるリフォームなどを検討しても良いでしょう。

乳幼児が溺死する例も

 溺死の被害は、0~4歳の乳幼児でも16件発生しています。

 幼い子どもが入浴している間は目を離さないように注意することが大切です。日中の目を離したすきに浴槽に転落する危険もあります。幼児の手が届かない位置にカギがかけられる浴室ドア、フチが高め(50センチ以上)の浴槽を採用するなど建築部品で予防することもできます。浴槽の水を抜き、フタをしめておくなど日常的な対策も欠かせません。

【あわせて読みたい】
・増える子どもの転落事故…背景に「高所平気症」?
・片づかない実家…こんなはずじゃなかった大掃除の失敗
・「無料点検」に注意!悪質リフォーム撃退4か条

1

2

3

4

5

6

7

無断転載禁止
432129 0 深読み 2017/03/21 10:10:00 2017/03/21 10:10:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170317-OYT8I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ