実は、交通事故より多い家庭内の死亡事故

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

減らないマンション高層階からの落下事故

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 家庭内事故で3番目に多いのが、「転倒・転落」です。

 室内で何かにつまずく、またはよろめくことで転倒したり、階段からの転落、ベランダや窓から落下したりする例が含まれます。

 最近では高層マンションの上階ベランダや窓から幼児が転落したという痛ましいニュースをよく耳にするようになりました。2016年5月、京都府の6階建てマンションで、6階の出窓から1歳の男の子が落下して死亡する事故がありました。出窓のそばにあったベッドで母親と添い寝しており、母親が目覚めたときには子どもの姿がありませんでした。網戸の一部が壊れていたとのことです。

窓ガラスがあると勘違い?

 岩手県に住むCさんの3歳と2歳の姉妹が、1階の居間で遊んでいたときのことです。2人でふざけているうちに、3歳の長女が掃き出し窓の網戸に体当たりしてしまいました。網戸はその衝撃に耐えられず、長女は網戸を突き破って庭まで転がり落ちてしまいました。網戸の向こうに、窓ガラスがあると思っていたようです。もし、突き破った網戸が高層階の窓だったら大惨事になるところでした。

 窓ふきなどの掃除にもリスクが伴います。横浜市のマンションの3階に住む中学生のD君は、年末の大掃除の手伝いをしていました。デスクに上って自室の窓を拭いていたところ、バランスを崩してしまいました。窓から外へ転落、大けがをしてしまいました。

 窓から落下する事故は子どもに限った話ではなく、大人でも十分可能性があります。窓際に落下防止の手すりがついていれば、未然に防げたかもしれない事故です。

【あわせて読みたい】
・増える子どもの転落事故…背景に「高所平気症」?
・片づかない実家…こんなはずじゃなかった大掃除の失敗
・「無料点検」に注意!悪質リフォーム撃退4か条

1

2

3

4

5

6

7

無断転載禁止
432129 0 深読み 2017/03/21 10:10:00 2017/03/21 10:10:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170317-OYT8I50050-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ