実は、交通事故より多い家庭内の死亡事故

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

家庭内事故が起きないためにすべきこと

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

【対策1】リスクのある場所を知る

 家庭内で発生する「不慮の事故死」の状況は、厚生労働省が毎年行っている「人口動態統計」をもとに、定期的に分析を行って取りまとめています。また、消費者庁の「子どもを事故から守る!プロジェクト」でも、子どもの家庭内事故の体験談や事故防止対策などの情報を発信しています。これらの情報を定期的にチェックして、まずは家の中のどんな場所でどんな事故が発生しているか、把握しておくことが大切です。

【対策2】事故が起こりにくくなるよう建物(ハード)面の工夫

 事故が起きやすい場所にはあらかじめ対応を取っておくと安心です。例えば、階段は年齢を問わず転倒、転落が起こりやすい危険な場所です。もし自宅の階段に手すりがついていなければ、なるべく早く設置するようにしてください。

 また、室内を見渡してつまずきそうな場所がないか点検してみましょう。もし段差があったら、その部分に手すりを付けたり、床材の色を変える、照明を明るいものに変えるなど「段差を見分けやすい」工夫をするとよいでしょう。

 これから家を建てる人は、家庭内事故のリスクが少ない間取りや動線計画となっているか確認してください。例えば洗濯機が1階、物干しが2階という動線だと、毎日洗濯物を両手に持って階段を上り下りしなければならず、事故発生のリスクが高くなります。洗濯機と洗濯物干場はなるべく同一フロアに設けましょう。

 キッチンの近くに浴室がある間取りであれば、家事をしながら高齢者や幼児が入浴する時に注意を払いやすくなります。対面式キッチンの採用は、家事をしながらリビングにいる子どもの様子が分かるため、小さな子どもがいる家庭に適していると思います。

【対策3】日ごろの心がけを忘れずに(ソフト面)

 もうひとつ大切なことは、日ごろからの心がけです。例えば高齢者に多いつまずきや、小さな子どもの誤飲を防ぐためには、床に何か落ちていたらすぐ拾う、小さな子どもの手が届く範囲にある小物は片付けるなど、日々の整理整頓が欠かせません。

 また、子どもは成長のスピードが速く、昨日できなかったことが今日できるようになることもあります。その動きを予測することは難しいものです。決して油断せず、「危険が起きるかもしれない」と考えて目を離さないようにしましょう。

【あわせて読みたい】
・増える子どもの転落事故…背景に「高所平気症」?
・片づかない実家…こんなはずじゃなかった大掃除の失敗
・「無料点検」に注意!悪質リフォーム撃退4か条

プロフィル
井上 恵子(いのうえ・けいこ)
 一級建築士、インテリアプランナー。約15年にわたり総合建設会社の設計部で主にマンションの設計・工事監理及び性能評価業務を担当。2004年に「住まいのアトリエ 井上一級建築士事務所」を設立。以後、新聞、Webなどで住まいの安全や品質に関する記事やコラムの執筆、戸建て・マンション購入セミナー講師などを行う。現在は都内で木造の保育園の設計・工事監理を行っている。著書に『大震災・大災害に強い家づくり、家選び』(朝日新聞出版社)、『住宅リフォーム計画』(共著、学芸出版社)がある。 住まいのアトリエ井上一級建築士事務所

1

2

3

4

5

6

7

無断転載禁止
432129 0 深読み 2017/03/21 10:10:00 2017/03/21 10:10:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170317-OYT8I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ