上司に言い付けられた過酷なノルマを克服する方法

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「本当の目標」を設定

 あらためて、ノルマを達成するためのポイントをまとめてみましょう。

(1)「自分のためだけではない」と考える

目標の先にある「本当の目標」があれば、目先のノルマに向けて仕事を頑張れる(写真はイメージ)
目標の先にある「本当の目標」があれば、目先のノルマに向けて仕事を頑張れる(写真はイメージ)

 「駅伝型」のノルマを設定されて、自分のノルマを達成できない人はほとんどいません。その理由は、その人の実力に合わせた目標が設定されていることもありますが、それ以上に大きいのが、「自分の未達が他の人の迷惑になる」と考えるからです。

 この考え方を逆に利用すれば、「記録会型」のノルマ設定でも、ノルマを達成できるようになります。例えば、「自分の未達によって部署自体の評価が下がる→同僚のボーナスにも影響する」と考えるのです。これができれば、ノルマ達成へのモチベーションも保てるようになります。

(2)セルフ・ハンディキャッピングの癖をやめる

 先にも述べたように、ノルマ未達で終わってしまう人のほとんどが、無意識のうちにセルフ・ハンディキャッピングをしています。なかなかノルマを達成できない人は「自分にはセルフ・ハンディキャッピングの癖がある」と自覚して、すぐに気持ちを切り替える習慣を身に付けて下さい。

(3)ノルマの先に「本当の目標」を設定する

 「箱根駅伝」に出場する選手のほとんどが1万メートルで28分台に近い記録を残せるのは、「28分台を出す」という目標の先に「箱根駅伝に出場する」という夢(本当の目標)があるからです。それがあるから、毎日のつらい練習にも耐えられ、少しずつ「28分台」という目標に近づくことができるのです。

 実は、営業などでノルマが達成できない人は、その先の「本当の目標」が設定できてないことが多いのです。例えば、「課長に昇進する」が本当の目標である人なら、それを目標にして、目先のノルマに向けて仕事を頑張ることができます。しかし、課長になりたいとも思わず、他に夢もない人は、本気でノルマを成し遂げたいとは思えないでしょう。

 「早く稼いで独立したい」とか「異性の社員に『すごい』と思われたい」とか、どんなことでも構わないので、自分なりの「本当の目標」を設定して下さい。それができれば、仕事へのモチベーションは下がることはなくなるはずです。

 以上の3つの考え方さえできれば、よほどの無理難題でない限り、ノルマを達成できるようになります。かりにノルマ未達に終わったとしても、上司はあなたの思考が変わったことを感じ、好印象を抱くでしょう。

 思考をちょっと変えるだけで、結果はすぐに変わります。ぜひ実行してみてください。

【あわせて読みたい】
外国人の同僚とうまくやるコミュニケーション術
プレミアムフライデーをプレミアムにする方法
ウザくてもOK?新人が“ちょっかい上司”を望むワケ

プロフィル
大倉 成人( おおくら・なりひと
 1964年生まれ。営業、販売、集客コンサルタント。京都外国語大学を卒業後、広告、リフォーム、子供服、ジュエリー、配置薬など業種の異なる企業に勤務し、そのうち10社以上でトップセールスを記録、社内表彰などの実績を上げる。もともと初対面の人とは話すのも苦手な「営業マンらしくない」性格でありながら、顧客心理を考えた独特のノウハウを確立し、 ブログ やメルマガで配信中。

1

2

3

4

無断転載禁止
432073 0 深読み 2017/03/21 14:00:00 2017/03/21 14:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170321-OYT8I50047-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ