地方自治体の「おもしろ動画」がもはや笑えないワケ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

オンリーワンの魅力を探す

富士山と天日干しされるピンクの桜えび(画像はイメージ)
富士山と天日干しされるピンクの桜えび(画像はイメージ)

 「地域ブランド」を作る上で最も大切なのは、未来へ向けて地域ストーリーを紡ぐ演出だと私は思っています。地域ブランドは「過去」ではなく、「未来」に向けて作るものなのです。

 PR動画も、そのストーリーをしっかり紹介するPRツールとして使う必要があるのです。

 こんなことを言うと、「そんな地味なことをやっても、目立たないから困っているのがわからないのか!」と怒る首長もいそうです。

 ここで「地域ブランドを作る極意」をご紹介しましょう。

 ひと言でいうと、まず、その地域だけにある「オンリーワン」の魅力を発掘して世界にアピールすればいいのです。「オンリーワンの魅力」はビジネスにもなるので、多くの人々が関心を持ち、ムーブメントを生み、おのずと地域が活性化していくからです。

 「オンリーワンの魅力? そんなものがあったら苦労しないよ!」

 地域の方々のこんな反論が聞こえてきそうです。事例を挙げながら、どの地域にもオンリーワンの魅力があって、世界にアピールできる地域ブランドが構築できることをご説明しましょう。

駿河湾にあったオンリーワン

 まず、「世界オンリーワン」が眠っていたケースをご紹介しましょう。

 私が地域の魅力をアピールしてほしいと依頼を受けたのは、静岡市でした。温暖な気候で美味(おい)しいものであふれています。しかし将来、リニア中央新幹線が開通すると、静岡市を含め東海道新幹線の沿線は活気がなくなるかもしれません。今のうちに、世界に通じる地域ブランドを作る必要があるのです。

 地元ではやはり「富士山とお茶」をベースに、生産量の多い「いちご」「みかん」などをプラスする意見が多かったのですが、そのいずれも「オンリーワン」ではありません。富士山も静岡市だけのものではなく、むしろ日本の象徴といったイメージが強くあります。

 そこで、私は駿河湾特産の「桜えび」に光を当てることを提案しました。桜えびは世界でも台湾と静岡だけで水揚げされ、生で食べられるのは静岡だけだからです。

 これぞ、「世界オンリーワン」の資源です。しかし、地元で「桜えび」の評価は惨たんたるものでした。

 「伊勢えびに(かな)わない」

 「小さすぎる雑魚」

 「収穫量が少ない」

 聞こえてくるのは批判ばかり。地元の市場でも注目されず、店頭にあっても冷蔵庫の底に凍り付いているような状況でした。

【あわせて読みたい】
美味を極める 桜えびと抹茶スイーツ、今だけの味を春の静岡で満喫
「京都ぎらい」もとりこにする恐るべき京都の戦略
やっぱり茨城が最下位!魅力度ランキングに物申す

1

2

3

4

5

6

7

無断転載禁止
431685 0 深読み 2017/04/09 09:04:00 2017/04/09 09:04:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170406-OYT8I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ