名古屋「レゴランド」緊急値下げと次の一手

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「日本流サービス」が飛躍のカギ

来園者同士が水の出る大砲を打ち合う“スプラッシュ・バトル”
来園者同士が水の出る大砲を打ち合う“スプラッシュ・バトル”

 今ではテーマパーク界の横綱的存在のTDRとUSJだが、これらも開園当初は利用者の批判や不満にさらされた。

 東京ディズニーランドは1983年の開業当初、「世界観を維持したい」として、飲食物の持ち込みを禁止した。当時、日本では遊園地に弁当を持参するのが当たり前だったため、激しい批判が巻き起こった。園側は、ランドのすぐ外に弁当などを食べるエリアを設けた上で、再入場を認めるなどの対応をとり、その後は不満の声がほとんど聞かれなくなったという。

 「規制緩和」だけでなく、積極的なサービスで支持を広げた面もある。TDRでは、清掃担当のスタッフが(ほうき)を使って水で絵を描き、「おもてなし」の気持ちを表すパフォーマンスが見られるが、実は、これは日本発祥のオリジナルだ。評判となり、その後、海外でも行われるようになった。アトラクションのショーの中でキャラクターが来園者に話しかけて笑わせる際にも「日本人の笑いのツボに合わせて、話すネタを変えています」(オリエンタルランド広報)といった工夫があった。細かいところまで日本流にアレンジしているのだ。

 USJは2001年の開園当初、アメリカの施設を直輸入したような、アメリカ映画専門のテーマパークだった。しかし、その後、日本の人気アニメ「ワンピース」などを取り入れた独自のアトラクションを作ると、利用者の年齢層が大きく広がった。16年度の入場者数は約1460万人で、3年連続で過去最高を更新。広報担当者は「アメリカの良いところを残しつつ、日本独自のサービスを取り入れるようにしています」と話す。

 レゴランドも今後、“先輩”たちと同じように、上昇カーブを描いていけるのだろうか。

 テーマパークに詳しい阪南大学経営情報学部の山内孝幸教授は、「(レゴランドの利用者が)狭いと感じるのは、『TDRやUSJに次ぐ海外発のテーマパーク』という期待感から、それらと比べるためだと思う。TDRとUSJはアメリカ文化だが、レゴランドは北欧文化。日本ではなじみが薄いので利用者も戸惑うのではないか」と分析する。

 今後、人気定着を図るにはどうすればよいのか。山内教授は「北欧文化を発信するという本来のサービスに加え、日本文化と融合させるため、主な顧客である12歳以下の子どもがすぐにテーマパークに溶け込めるような日本独自のコンテンツが必要ではないか」と指摘している。

【あわせて読みたい】
「あこがれの温泉1位」由布院、人気の“源泉”
「かっぱ」は浮かび上がれる?回転寿司業界の混沌
「マクドナルド・ブランド再生物語はホンモノ?」

プロフィル
河合 良昭( かわい・よしあき
 読売新聞メディア局編集部記者。2001年入社。日光支局、成田支局、中部支社(名古屋)と甲府支局でデスクを務め、東京本社地方部などを経て、現職。

1

2

3

無断転載禁止
430242 0 深読み 2017/06/24 07:58:00 2017/06/24 07:58:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170620-OYT8I50048-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ