読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

男が知らない「インスタグラマー」の生き方

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「インスタグラマー」の登場

インスタを楽しむ「イマドキ女子」の「Aya」さん(@a.y.hana_12o6)たち=本人提供
インスタを楽しむ「イマドキ女子」の「Aya」さん(@a.y.hana_12o6)たち=本人提供

 インスタの利用者の拡大とともに登場したのが、「インスタグラマー」と呼ばれる新たな「職業人」たちです。ブロガーやユーチューバ―と同様に、彼女らもまたインスタを活用して収入を得ています。

 インスタグラマーには、「フォロワー(投稿を常にチェックする人)が何人以上」といったような明確な定義はありません。ただ「インスタ上で影響力のある人」が、一般的にインスタグラマーと呼ばれます。

 中でも注目されるのは、何らかのテーマに特化した投稿をしているインスタグラマーです。グルメ系やトラベル系、スイーツ系、ファッション系など、すでにいくつかジャンルが生まれていますが、特定のテーマに絞ることで、共通の趣味や()(こう)を持つフォロワーが付きやすくなるのです。また検索機能でもヒットしやすくなり、投稿が人の目に触れるチャンスがより広がります。

 フォロワーを獲得するには、投稿のユニークさ、インパクトのほか、写真の質や同世代の女性に評価されるセンスなどが重要な要素です。「ハイセンスな感性」という自身のブランディングができれば、その影響力に企業が目をつけ、PRのためにインスタグラマーと手を組むこともあります。企業と組むことで人気の「インスタグラマ―」として安定的な収入を得ることもできるのです。

【あわせて読みたい】
おけまる、それま、卍…なぜ若者言葉は意味不明?
「フェイクニュース」問題、国内外で対策進む
女子高生に学ぶ「大人のSNS作法」
大人は知らない、子どもたちはLINEをこう使う

1

2

3

4

5

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
428825 0 深読み 2017/09/07 07:00:00 2017/09/07 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170906-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)