藤井四段も活用…将棋ソフトが変える現代将棋

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

変わる価値観、堅さより柔軟性

東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で行われた竜王戦第1局。人間同士の戦いは見る人を魅了し続ける
東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で行われた竜王戦第1局。人間同士の戦いは見る人を魅了し続ける

 将棋ソフト発の作戦が増え、何が変わったか。まず、序盤の駆け引きが複雑化した。また、中盤から終盤にかけての攻防の質も変化した。

 例えば、現代将棋においては「スキあらば穴熊」といわれるように、玉を固められるだけ固めてから、細い攻めをつなぐのが最先端の指し方とされてきた。

 しかし、雁木や「角換わり腰掛け銀4二玉・6二金・8一飛型」はそれとは正反対で、風通しのよい陣形を作って戦う作戦である。堅陣を築いておいて一気に攻めかかるのではなく、相手の攻めを正確に見極める受けの技術が求められている。

 穴熊などの堅陣を頼みに猛攻をかける指し方を得意としている棋士は、受けの技術を磨かなければ、雁木や「角換わり腰掛け銀4二玉・6二金・8一飛型」を指しこなすのは難しい。

 パソコンの登場に伴い、将棋界は情報化が進み、研究方法も変化してきた。棋譜のデータベース化、ネットでの対戦、公式戦のインターネットでの検討や解説を交えたリアルタイム配信……。その中で、将棋ソフトの大進化は、間違いなく将棋界に革命をもたらした。棋士が発見できなかった手を、将棋ソフトが一瞬で見つけるという話はざらに聞く。将棋ソフトを使う棋士が増えれば増えるほど、研究のスピードはさらに加速していくだろう。

人間が指す将棋の価値

 将棋ソフトの進化はとどまることを知らない。プログラミングの改良だけでなく、ハード面の向上によっても計算能力は向上し、ソフトは今以上に強くなっていく。いつの日か、将棋ソフトの示す手がすべて正解で、人間がそれだけをもとに勉強するような時代が来てもおかしくない。

 だが、将棋ソフトを使いこなす棋士だけが生き残るとは、筆者には思えない。なぜならば、将棋ソフトの思考プロセスを解読するのは棋士でも難しいし、人間同士の勝負で強くなることは研究と別物だからだ。

 まず、将棋ソフトがどうやって読みを組み立て、評価値を計算しているかわからないため、プロ棋士であっても、ソフトが指す手の意味を正確に理解するのは難しい。

 例えば、人間は駒得(価値の高い相手の駒を奪って兵力に差をつけること)やどちらが戦いの主導権を握っているかを重視する傾向にあるが、将棋ソフトはそういう大局観にとらわれない。大局観がわからなければ局面の方針を立てにくく、何十年も将棋を指してきた棋士であっても、将棋ソフト発の作戦を指しこなすのは難しい。

 ある局面を将棋ソフトに調べさせ、答えだけを暗記しても、単なる消化不良で終わってしまう。情報に振り回されるだけでは、実力はつかないだろう。

 また、生身の人間同士の勝負は逆転が起こりやすく、将棋ソフトと指しているだけでは養うことができない技術が多い。相手を焦らせたり、局面と複雑化したりするには、対戦相手との間合いを測る感覚が大切だ。

 例えば、形勢があまりにも悪いときは、相手を焦らせてミスを誘ったほうが逆転しやすい。ソフトなら長手数の詰み(玉を仕留めること)を読み切ることは簡単だが、人間だと正確に詰ますのは大変だ。「詰ましてみろ」と開き直れば、案外、チャンスは生まれる。局面の最善手ばかり追求していては、勝負強くなれない。

 いくら将棋ソフトが強くなっても、新たな手順が発見されても、その底流にあるものがわからないかぎり、棋士は将棋の真理に挑み続ける。人間同士の対局から生まれた名局は、これからも人々を魅了し続けるだろう。

【あわせて読みたい】
・まとめ読み「第30期竜王戦七番勝負」

・打倒「羽生世代」へ、台頭する若手棋士たち
・「ひふみん」引退、レジェンドは終わらない
・藤井フィーバー、指すだけではない将棋の楽しみ方
・AI囲碁、グーグルとフェイスブックは何を狙っているのか

プロフィル
小島 渉(こじま・わたる)
将棋ライター。1988年4月生まれ。中学1年の時から将棋を始めた。故・升田幸三実力制第四代名人の「将棋とは我慢」の言葉に感銘を受けてのめり込み、故・米長邦雄永世棋聖の『米長の将棋』を読んで強くなる。2012年春から将棋ライターとして活動を始める。現在は、公益社団法人日本将棋連盟のインターネット中継を担当し、予選やタイトル戦の模様をインターネットで配信中。また、NHK杯将棋トーナメントや朝日杯将棋オープン戦などの観戦記を執筆している。

1

2

3

無断転載禁止
427776 0 深読み 2017/11/04 05:20:00 2017/11/04 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20171102-OYT8I50036-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ