読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

インスタ映えの「闇」が「インスタ詐欺」を生む?

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

インスタ映えの「闇」

写真はイメージです
写真はイメージです

 それでも、インスタにおける詐欺まがいの投稿は後を絶たないのが現状だ。このような事例には、共通点が多数ある。

 中でも、スイーツなど「女子ウケ」する写真や、美しい旅行先の写真、かわいい子どもの写真で利用者を引きつけ、コメントやメッセージなどで勧誘する手口は、

 インスタ映えの「闇」の部分

 だと筆者は考えている。

 ファッション誌などが好きだというある女性は、「インスタできれいな写真を投稿しているというだけでアカウント主に憧れてしまう。雑誌のモデルと同じような存在のインスタグラマーがいる」と言う。そして「憧れのインスタグラマーがそういう投稿をしていたら、信じてしまうかも知れない」と続ける。

 インスタにもダイレクトメッセージの機能はあるが、問題のアカウントのプロフィル欄にLINE IDが記されているのも、若い女性がインスタやLINEなど複数のSNSを用途によって使い分けることを想定しているためとみられる。手法も時代に合わせて変化しているのだ。

主婦がターゲットに!!

 また、マルチ商法などの場としてインスタが使われている大きな理由は、若い主婦が多く利用しているためだ。

 「子育てで忙しくてもOK!」

 「子どもがいるママにはうれしい完全在宅副業!」

 などといった文言が目立つことでも分かる通り、主婦がターゲットになっているのだ。

 「フォロワー」の数が少ないうちは、旅やカフェ、観光など、若い女性が関心を持ちそうな話題ばかりを投稿してフォロワーを増やしているケースも多い。まずは親近感や信頼感を抱かせるためだろう。そして、突然のように副業の勧誘をし始めるのだ。

 まずは、自分がフォローしたアカウントのプロフィル欄や投稿内容に副業に関する内容が含まれている場合は、「フォロー」を解除して「ブロック」するようにしたい。

【あわせて読みたい】
男が知らない「インスタグラマー」の生き方
ZOZOやメルカリにみるネット商取引の危うさ
当然? Facebookから逃げ出す若者たち

1

2

3

4

5

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
427116 0 深読み 2017/12/14 07:00:00 2017/12/14 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20171213-OYT8I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)