広がる「猫ブーム」に潜む危うさとは?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「引き取り屋」増加の問題

「引き取り屋」の小さなケージの中に閉じ込められた犬。今後、猫も増える可能性がある(公益財団法人 動物環境・福祉協会Eva提供)
「引き取り屋」の小さなケージの中に閉じ込められた犬。今後、猫も増える可能性がある(公益財団法人 動物環境・福祉協会Eva提供)

 引き取り屋とは、ペットショップなどから、売れ残るなどして「不要」になった犬や猫を引き取り、死ぬまで飼育し続けるビジネスです。

 料金を受け取り、引き取った犬や猫に安価な餌を与え、ほとんど健康管理もせず、排泄物も十分に掃除しないままの小さなケージの中に、息絶えるまで押し込め続けるケースもあるのです。

 これまでも引き取り屋の問題が指摘されることはありましたが、13年の「改正動物愛護法」の施行以降、ますます増加しているようです。改正法で、愛護センターや保健所などの公的施設で犬や猫などの引き取りを拒否できるようになり、引き取り屋増加の要因とみられています。そして、ブームに乗じた過剰繁殖で引き取り屋のニーズも増え、ますます動きに拍車がかかってきたのです。

 今は「ブーム」が一段落した犬が引き取られるケースが多いようです。しかし、今後は猫が増える可能性も十分あります。命を無責任に扱う業者に犬や猫を渡す流れは、早急に断ち切る必要があります。

政府が規制強化を検討

 引き取り屋は全国各地に点在しているとみられています。それだけでなく、繁殖・販売の現場の飼育環境も動物愛護法などを所管する環境省は問題視しており、犬猫のケージの大きさに一定の規模を求めるなどの規制を検討しています。実現すれば、引き取り屋も含め、利益だけを追求する繁殖業者やブリーダー、ペットショップの経営が立ちゆかなくなる可能性もあります。

 しかし、それ以前に繁殖や販売に携わる人の資質こそ重要です。これまでにも述べたとおり、ペットに関するビジネスはむやみに利益を追求すべきではない、と筆者は考えています。ペットの幸せを真剣に考えられる、責任感と優しさを兼ね備えた人たちに正しい知識を学んでもらう場を作り、働いてもらうべきだと思います。

 そして飼い主の側も、価格に左右されることなく健全な環境に生まれ育ったことを確認したうえ、いったん家庭に迎え入れたら最大限の愛情を注ぎ、命に責任を持つべきです。飼うことを検討している人は、少し立ち止まって「生涯にわたって愛情を注ぎ続けられるのか」を、今一度自問自答しましょう。それが、飼い主にとっても、ペットにとっても幸せな時間を過ごすために必要なことなのです。


【あわせて読みたい】
・野良猫に触るのは危険!「死に至る病」感染の恐れも
・トラブルも勃発?「ドッグラン」を犬と楽しむ方法
・動物専門医が指摘する「間違った犬のケア」とは?

プロフィル
阪根 美果(さかね・みか)
 ペットジャーナリスト。世界最大の猫種である「メインクーン」のトップブリーダーでもあり、犬・猫などに関する幅広い知識を持つ。動物介護士・動物介護ホーム施設責任者。ペットシッターや野良猫や野良犬などの保護活動にも長く携わった。ペット専門サイト「ペトハピ」でペットの「終活」をいち早く紹介。豪華客船「飛鳥」や「ぱしふぃっくびいなす」の乗組員を務めた経験を生かし、大型客船の魅力を紹介する「クルーズライター」としての顔も持つ。

1

2

3

4

5

無断転載禁止
1933 0 深読み 2018/01/07 07:00:00 2019/02/06 15:06:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20171228-OYT8I50002-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ