やせられない人がつい続けてしまう習慣とは?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 年も明け、「今年こそはダイエットをするぞ!」と意気込んでいる人もいるのではないだろうか。まず、減量の事始めとして、「スポーツを」「水をたくさん飲まないと」などと考える人がいるかもしれない。しかし、それは「正しい方法」なのだろうか。多くの人に減量や健康管理を指導してきた森拓郎氏が疑問を呈する。

巷にはダイエット法があふれ……

写真はイメージです
写真はイメージです

 「さあ、ダイエットするぞ」と考え、まずランニングを始めたという人がいるかもしれません。他にも、「野菜をたくさん食べる」「一日一食」「水を飲んで(老廃物を体外に排出する)デトックスする」……などと、(ちまた)に広がる減量法を信じて実行したものの、思った効果が出ず、気づいた頃にはやめてしまっている…という経験はないでしょうか。

 今や、減量に関する健康情報はテレビや雑誌だけでなく、インターネット上にも多くが錯綜(さくそう)し、何が正しいかの判断は素人には難しくなってきました。

 それぞれの減量法が「完全な間違い」とは言えないかもしれません。しかし、体質や方法などによってはあまり効果が出なかったり、逆効果になったりする場合もあります。

 どんな方法も、全ての人にとって「正解」とは限らないのです。

【あわせて読みたい】
・アブラものはダメ?「太らない食事」は誤解だらけ
・いつまでもおいしく酒を飲む方法とは?
・元気ハツラツでも突然死の危険「隠れ疲労」とは?
・自己破産するシニアが増えている意外な原因
・なぜ? LINEからも逃げ出し始めた若者たち

1

2

3

4

5

無断転載禁止
3887 0 深読み 2018/01/23 07:00:00 2019/01/22 16:02:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180122-OYT8I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ