刀剣乱舞で大人気、よみがえった「幻の宝刀」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

菊池氏の末裔は今年話題の「あの人」

 蛍丸の話題からは離れるが、多々良浜で敗れた菊池氏にも後日談がある。

 本拠に逃げ帰った菊池武敏は態勢を立て直し、菊池一族は南朝方として尊氏の北朝方に抵抗し続けた。

 西郷隆盛(1828~77)は菊池一族の末裔で、安政の大獄から逃れるため奄美大島に潜伏した際に「菊池源吾」の偽名を名乗っている。「(われ)の源は菊池にあり」。尊王を貫き通した菊池氏の志を継ぐ決意を示した西郷は、倒幕の立役者となった。

 倒幕の功績によって明治維新後に華族・貴族院議員になった菊池氏の末裔(まつえい)、菊池武夫(1875~1955)は1934年(昭和9年)、時の商工大臣が雑誌に書いた「足利尊氏の功績を見直すべき」というコラムの内容を国会で激しく追及し、大臣辞任に追い込んでいる(中島商工相筆禍事件)。戦いの恩讐(おんしゅう)は後世まで子孫に残り、600年後の歴史に作用することもある。

藩主も魅了、宝刀の数奇な運命

伝説に彩られた名刀「蛍丸」(阿蘇神社提供)
伝説に彩られた名刀「蛍丸」(阿蘇神社提供)

 江戸時代になると蛍丸は実戦刀としてではなく、美術刀として注目されるようになる。元禄年間には熊本藩3代藩主の細川綱利(1643~1714)が召し上げようとしたが、大宮司家はこれを拒み、仕方なく一時借り上げの形で佩刀(はいとう)にしたという。蛍丸は寛政年間に松平定信(1759~1829)らが編纂(へんさん)した国内古美術の銘品図録集『集古十種(しゅうこじっしゅ)』にも収録されている。

 蛍丸は1933年(昭和8年)には旧国宝に指定され、戦前に撮影された写真や拓本も残っている。しかし、終戦直後の1945年(昭和20年)12月4日、連合国軍総司令部(GHQ)が行った「刀狩り」によって接収され、行方不明となってしまった。

被災した阿蘇神社の境内で行われた「蛍丸」復元への焼き入れ式(2016年8月)
被災した阿蘇神社の境内で行われた「蛍丸」復元への焼き入れ式(2016年8月)

 地元の警察署に提出され、熊本進駐軍が管理する倉庫に運び込まれた後の足取りについては「GHQのビーターセンなる将校がアメリカへ持ち帰った」「他の刀とともに熊本県の三角(みすみ)港に沈められた」「進駐軍の倉庫から持ち出され、今も熊本県内のどこかに隠されている」など、さまざまな説がある。

 阿蘇神社の90代宮司の阿蘇惟友さん(1923~86)は接収の3か月後に台湾から復員して蛍丸が消えたことを知り、生涯をかけて蛍丸を探し続けた。高松塚古墳を発見し、考古学者として初の文化勲章を受けた末永雅雄さん(1897~1991)は学生時代に阿蘇を訪れたが、阿蘇神社に到着する直前に阿蘇山が噴火して蛍丸を見ることができず、亡くなるまでそのことを悔いて情報提供を呼びかけていたという。最近では文化庁が行方を探したが見つからず、蛍丸は行方不明のまま国の重要文化財となっている。

高橋英樹さんも感嘆…「幻の宝刀」スタジオで披露

復元された「蛍丸」を囲む高橋英樹さん(左から2人目)、福留裕晃さん(左端)と筆者ら「深層NEWS」キャスターたち
復元された「蛍丸」を囲む高橋英樹さん(左から2人目)、福留裕晃さん(左端)と筆者ら「深層NEWS」キャスターたち

 私がキャスターを務める「深層NEWS」で、蛍丸を復元した刀匠の福留裕晃さんと、数々の時代劇や大河ドラマに出演し、大の刀剣ファンでもある俳優の高橋英樹さんを招いて、蛍丸伝説や日本刀の美しさを紹介した。

 スタジオでは復元された蛍丸(写し)が披露され、福留さんは研がれてやせ細る前の「うぶ姿」を綿密に推測し、反りを円弧の曲線に一致させるまで精緻に計算して復元したことなどを詳しく教えてくれた。数多くの時代劇に出演した高橋さんによると、蛍丸は馬上から敵を倒し、敵を威嚇するための大太刀だったという。話は刃文(はもん)や装飾品((こしらえ))にまで及んだ。

 日本刀は日本のものづくりの粋を結集している。それを後世に伝えるためにも、本物の蛍丸が出てくることを願う。

プロフィル
丸山 淳一( まるやま・じゅんいち
 読売新聞東京本社経済部、論説委員、経済部長などを経て、熊本県民テレビ報道局長から読売新聞編集委員・BS日テレ「深層NEWS」キャスターに。経済部では金融、通商、自動車業界などを担当した。東日本大震災と熊本地震で災害報道の最前線も経験。小学5年生で大河ドラマ「国盗り物語」で高橋英樹さん演じる織田信長を見て大好きになり、城や寺社、古戦場巡りや歴史書を読みあさり続けている。

1

2

3

無断転載禁止
9294 0 深読み 2018/02/26 20:45:00 2018/02/26 20:45:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180205-OYT8I50024-1.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ