サクラ博士にバッタ博士…すごいハカセが日本にいる

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

太平洋で卵を探すウナギ博士

「ウナギ博士」の塚本勝巳さん
「ウナギ博士」の塚本勝巳さん

 絶滅危惧種に指定されているニホンウナギは、その生態が神秘のベールに包まれている。長い間わからないままだったウナギの生まれ故郷が、太平洋のグアム島西方海域であると突き止めたのは、日本大学生物資源科学部教授の塚本勝巳さん(69)だ。

 「絶滅の危機に直面しているウナギを水産資源として利用できる水準まで増やしていくためには、謎に包まれたウナギの生態を明らかにした上で、保護の網をかけていく必要がある」。かつて塚本さんは、長くウナギの研究を続ける信念をそんな言葉で筆者に語ってくれた。

 広大な太平洋で、直径1~2ミリしかないニホンウナギの卵を見つけ出す。しかも卵は1日半で孵化(ふか)してしまう。卵が存在するのは10キロ四方の海域とみられるが、ウナギのオスとメスが出会って実際に繁殖活動をする場所となると極端に限定される。ある海域の水深200メートル付近で、一辺が10メートルほどの大きさをした立方体が「ウナギの生まれ故郷」と推定されるという。どこまでも広い海洋にあって、まさにピンポイント。その場所を探す作業は、気の遠くなるような研究だ。それでも塚本さんは、どんなに困難でも絶対にあきらめなかった。そこにはある種の(すご)みすらある。

太平洋で採取されたニホンウナギの卵
太平洋で採取されたニホンウナギの卵

 ウナギの産卵場所を特定するプロジェクトは1973年、研究船による航海調査が始まって本格化した。当時、調査を呼びかけた東京大学に勤務していた塚本さんは航海調査の初期から参加し、91年にマリアナ諸島西方で小さな稚魚「レプトセファルス」を見つけた。「ゴールは近い」と塚本さんはにらんだが、さらに若い孵化直後の「プレレプトセファルス」を見つけるのに、そこから14年もかかった。

 さらに研究は続く。次の課題は「どうすれば産卵の時期と場所が特定できるのか?」だ。塚本さんは、海底地形、海水の塩分濃度、産卵期を推定しうる稚魚の「耳石」の痕跡など、あらゆる要素を検討した。そして2009年、ついにニホンウナギの産卵場所を太平洋マリナア海溝付近だと突き止めた。30年を超す苦難の道のりの末にたどり着いた世界初の発見だった。

 孵化直後のプレレプトセファルスと呼ばれるニホンウナギの赤ちゃんは、太平洋で3000キロの旅をして、日本など東アジア諸国に到達。河川や河口域で成長期を過ごす。生育に応じて「シラスウナギ」「クロコ」「黄ウナギ」「銀ウナギ」と呼ばれる各段階を踏み、その後、産卵のため海に戻って一生を終える。塚本さんが産卵場所を特定したことにより、観察のチャンスも増え、ウナギ幼魚のえさがプランクトンの死骸であることもわかった。

 生態の解明と合わせて塚本さんが力を注ぐのは、資源としてのウナギ保護と市民への啓発活動だ。1998年には、日本を中心とする東アジア諸国の海洋生物研究者らとともに「東アジア(うなぎ)資源協議会」を結成し、塚本さんが初代会長を務めた。さらに、この協議会を母体にした「東アジア鰻学会」を作り、2017年春に設立総会を開いた。もちろん塚本さんが会長を務める。学会は17年夏には公開シンポジウム「うな丼の未来」を開き、多くの来場者に資源保護の重要性を訴えた。今年3月31日には、市民を聴衆に招く初めての研究発表会を東京・文京区の東大農学部で開催する。

 塚本さんはこう呼びかけている。「ウナギ料理は特別なハレの日の食事として大切に考え、安価な大量消費は慎んでほしい」。ウナギの保護を日本人として真剣に考えないと、いつしか食卓にウナギがのぼらなくなる――そうしたメッセージを塚本さんはこれからも社会に発信していく。

1

2

3

4

5

15090 0 深読み 2018/03/24 05:20:00 2018/03/24 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180323-OYT8I50009-1.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ