水に流せない! “女子トイレの行列”問題

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男性は母や妻の立場で考えて

 車で移動する際や混雑した駅、観光地など、トイレの問題が心配になる場面はいくつもありますが、女性はなかなかその悩みを言いだせません。女性同士でも、世代間で分かり合えないことが多いと思います。

 男性にとってはなおさら、「女性のトイレの問題」は、分からないことだらけだと思います。しかし、ここで紹介したように、社会的な理解不足や環境整備の遅れに女性は困っているのです。知らないふりをせず、自分の母親、妻、娘の大問題として考えていただければ、本当の意味での“男女平等”のトイレ整備が実現していくのではないでしょうか。

プロフィル
岡山 朋子( おかやま・ともこ
 1971年、静岡市(旧蒲原町)生まれ。名古屋大学法学部、名古屋大学大学院環境学研究科を修了。名古屋大学エコトピア科学研究所特任講師などを経て、現在、大正大学人間学部人間環境学科准教授。専門は廃棄物管理、循環型社会政策、特に災害時トイレ研究、食品ロス削減研究など。その他、再生可能エネルギー政策研究として、バイオガス発電やピコ水力発電研究も行っている。

1

2

3

4

無断転載禁止
16514 0 深読み 2018/04/13 05:20:00 2018/04/13 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180411-OYT8I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ