就活、GMARCHの学歴フィルターを打ち破る

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

学歴フィルターは入試難易度

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 「学歴フィルター」の基準とされるランク分けについては、企業によって異なるものの、おおむね以下のような大学群で分けられているとの情報があります。


【Aランク】旧帝大(東京、京都、東北、九州、北海道、大阪、名古屋)、一橋、東京工業、早稲田、慶応

【Bランク】有力国公立(筑波、横浜国立、神戸など)、上智、国際基督教、東京理科

【Cランク】その他国公立、GMARCH(学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政)、関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)など

【Dランク】日東駒専(日本、東洋、駒澤、専修)、産近甲龍(京都産業、近畿、甲南、龍谷)など

【Eランク】大東亜帝国(大東文化、亜細亜、帝京、国士舘)など

【Fランク】その他、新設大学など


 こうして見てみると、いわゆる大学入試の難易度(偏差値)とほとんど変わりありません。

 「学歴フィルター」によるふるいわけが行われているとされる背景には、いわゆる偏差値の高い大学の学生は、傾向として事務処理や業務遂行といった能力(地頭(じあたま)や要領が良いなど)が高く、目標を達成する力があると言われることがあります。

 もちろん、実際の仕事の能力や人柄は大学受験の偏差値では測りきれません。

大学名を見ないと逆に偏る傾向も

 ある企業で、大学名を明かさずに採用を行った過去の実績を見てみると、結果的に偏差値の高い大学の学生が中心になってしまったということがありました。学校名を見なかったことで、かえって【Aランク】【Bランク】の大学出身者ばかりに偏ってしまったというのです。

 企業が、限られた予算、時間、人員の中で効率的に採用活動を行おうとすると、採用する可能性の高い大学名で絞った学生を中心に説明会や選考をすることが考えられます。企業側にすれば、学生をふるいにかけているというよりは、採用したい学生を「GMARCH以上」などと定めており、いくつかの大学に狙いを定める「ターゲット校」としているケースがあるのかもしれません。

 すべての学生を説明会に参加させることや選考に呼ぶことは現実的に不可能です。

 そこで、説明会の予約受け付け、エントリーシートや適性テストで絞り込むということが行われているだろうと想像できます。このとき、一部の下位校を門前払いするような「学歴フィルター」という話が出てきます。

1

2

3

4

5

17660 0 深読み 2018/04/23 07:20:00 2018/04/23 07:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180419-OYT8I50034-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ