ちょっと待って!その写真SNSに上げちゃダメ!

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「#合格通知」や集合写真公開に注意

 他にもSNSに投稿してはいけない写真はいくつもある。

個人情報が載った合格通知書をアップしている人も……(写真はイメージです)
個人情報が載った合格通知書をアップしている人も……(写真はイメージです)

 たとえば、大学などの合格通知の写真だ。合格して気持ちが舞い上がり、人に自慢したい、知らせたい、という感情が湧き起こり、ついアップしてしまうのだろう。

 インスタグラムでは「#合格通知」や「#合格」のハッシュタグで検索すると、合格通知書の写真が次々に見つかる。

 個人情報が見えないよう加工してあるものもあるが、本名や誕生日などがすべて見える状態でアップされているものも頻繁に見つかる。これでは個人情報「ダダ漏れ」状態だ。

他人の写真を勝手に上げてはいけない

飲み会の写真をアップする時は、事前に全員の承諾を得よう(写真はイメージです)
飲み会の写真をアップする時は、事前に全員の承諾を得よう(写真はイメージです)

 飲み会などの際に撮影した集合写真を本人に無断でSNSに公開したことがある人はかなり多いのではないだろうか。

 しかし、その場にいたことを明かしてほしくないと考える人もいる。筆者が知人から聞いたエピソードを紹介したい

 その知人は、ある仕事の進捗(しんちょく)が遅れ気味になっていたそうだ。しかし、ほかの仕事上の付き合いで飲み会の誘いを断りきれず、やむを得ず参加した。

 ところが、その飲み会の写真をフェイスブック上に公開されてしまい、それを見た取引先から「仕事が遅れているのに飲み会に行くなんて!」と叱責されてしまったそうだ。フェイスブックなどでやってしまいがちな勝手な「タグ付け(情報の共有)」もこのようなトラブルにつながる可能性がある。

 知人の子どもの写真の場合は、一層気を付ける必要がある。そもそも子どもの写真をSNS上に公開したくないと考える人も多い。勝手に公開してしまえば、人間関係に致命的なヒビが入る恐れもある。

 とにかく、他人が写り込んだ写真をSNSに投稿する場合は、撮影する時にしっかりと掲載許可を得ておくことが肝要だ。掲載されたくない人だけ、その場から外してもらうといった手もある。

 許可を得ていない場合は、公開しないようにするか、アップする場合は最低限、顔にモザイクをかけたりするなどの加工は必須だ。写真を共有したい場合は安易にネットに公開することなく、Eメールで送るか、関係者だけのLINEグループで、限られた人とだけ共有するなどの配慮が大切だ。

1

2

3

4

5

18582 0 深読み 2018/04/28 07:20:00 2018/04/28 07:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180426-OYT8I50002-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ