職場が生む「ぶら下がりワーママ」とは?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ワーママにのしかかる不安……

写真はイメージです
写真はイメージです

 育児経験のある人はよく分かると思いますが、子どもは頻繁に体調を崩すため、看病のために自宅にいなければならない日も多いのです。

 在宅勤務など、柔軟な働き方ができる会社も増えてはいますが、多くの場合、仕事に割ける時間は出産前と比べ、どうしても短くなりがちです。子どもが熱を出すなどして、突然の欠勤や早退を迫られることもあります。

 ワーママたち、中でもかつて活躍していた女性たちは、こうした状況の中で働くことに大きな不安を抱き、仕事の責任を背負うことに消極的になっていくのではないでしょうか。責任を果たす自信がないから引き受けようとしないだけで、決して、やる気がないとか、責任から逃れている人だけではないと筆者は考えています。

なぜ「ぶら下がり化」するのか?

 職場の問題も指摘したいと思います。上司の側も、「子育ては大変だろうから」との配慮の一方で、突然の欠勤などで業務に支障が出ることへの不安もあり、どうしてもワーママに割り当てる仕事の量を軽減したり、欠勤しても影響が出にくい仕事を割り振ったりする傾向があるようです。他の部下から不満が出るのも避けたいところです。

 しかし、責任の度合いが軽い仕事では、やりがいを感じにくくなりがちです。特に、仕事の楽しさを知っている女性こそ、「やりがいもなく、評価もされない」という状況に直面した際、自らの働く意欲を「下方修正」して状況に適応しようとしがちです。

 「自分は働けないのではなく、働きたくないんだ」

 そんな風に考え方を変え、自分を納得させようとした結果、本当に「ぶら下がり化」してしまうこともあると筆者は見ています。誰も悪気はないけれど、誰も幸せにならない構造です。

1

2

3

4

5

無断転載禁止
25570 0 深読み 2018/06/07 11:22:00 2019/01/22 16:09:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180606-OYT8I50039-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ