読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

キャッシュレスなのに!客もバイトもイライラ会計

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ポイントカードがややこしい

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 戸惑うスタッフに追い打ちをかけるように、レジ業務をややこしくしているのが「ポイントカード」です。

 「Tポイント」「Pontaポイント」「楽天ポイント」「dポイント」といった共通ポイントに加えて、スーパー、100円ショップ、ドラッグストアといった全国チェーンが独自のポイントシステムを導入しています。財布の中に、たくさんのポイントカードが収納されているという人も多いでしょう。

 いまや会計は、電子マネーで支払い、ポイントカードを提示してポイントを貯めるというケースが当たり前になってきました。

 複数のポイントカードの利用が可能で、ポイントを二重取りできるという店舗もあります。

 一方、電子マネーで支払う場合はポイントがつかないといったケースもあります。

 スタッフは、こうした複雑なオペレーションも覚えなければなりません。ポイントカードの中には、限定デザインなどの見慣れないものもあり、差し出されて戸惑ってしまうケースもあるそうです。

 こうしたポイント付与のやりとりを考えると、キャッシュレスによるレジ業務の簡略化に意味があるのかどうか、よく分からなくなってしまいますね。

「ポイントカードお持ちですか」問題

 ポイントカードは、会計時に保有の有無を聞くという行為が発生します。

 いわゆる「ポイントカードお持ちですか」問題として、インターネット上でも不毛すぎるコミュニケーションだと物議を醸しています。

 「バイトを始めたばかりの頃は、『ポイントカードお持ちですか?』と必ず確認していました。でも、うっとうしいような表情をされるお客さまも多くいます」

 都内のコンビニに勤める20代のBさんは、ポイントカードの所持を確認するやりとりにうんざりしていました。

 「いちいち、うるさい」。支払いを急いでいた様子の高齢男性の客から、怒鳴(どな)られたのをきっかけに、「高額の買い物じゃない限りは聞かないようにしました」と言います。

 しかし、確認しなければしないで、会計が済んでからポイントをつけてくれなかったとクレームを受けることもあるそうです。

 そんな理不尽さに、Bさんはポイントカードの存在自体を恨めしく感じています。

1

2

3

4

5

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
34270 0 深読み 2018/07/30 07:30:00 2019/01/22 16:12:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180724-OYT8I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)