濃いサングラスはダメ?…紫外線から目を守る方法

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日差しの強い日に、紫外線を長時間浴び続ければ病気の原因になる可能性がある。にもかかわらず、肌に比べて目の対策への関心は低い。対策も「濃いサングラスをしていれば大丈夫」などの十分ではない知識に基づくと逆効果になってしまうといい、正しい対策やケアの方法について、眼科医の平松類さんに解説してもらう。

まぶしくてもケアしない

写真はイメージです
写真はイメージです

 気象庁が7月27日に発表した「オゾン層・紫外線の年のまとめ(2017年)」によると、紫外線は観測が始まった1990年頃から増加傾向にある(観測地点は札幌、つくば)といいます。紫外線の影響は、「昔は大丈夫だったから、今も大丈夫」というわけではないということです。

 紫外線の体への影響は多くの人が気にしています。参天製薬(本社・大阪市)が5月に発表した調査結果によりますと、「普段の生活で、紫外線が気になることはありますか?」の質問に49%が「よくある」と答え、42%が「たまにある」と答えています。関心は高いのですが、「具体的な紫外線対策をおこなっている部位」を聞いた質問には、「顔」が91%でしたが、「目」と答えた人は14%しかいませんでした。

 スキンケアには熱心でも、目のケアはあまり行われていないのが現状です。

 皆さんが守ろうとしている肌は、紫外線が直接内臓に当たることから守っています。一方、目は体の表面の中で唯一、透明な部分を持つ組織です。光を通すことでモノを見るためです。けれども、透明であるからこそ紫外線も通してしまいます。それなのに残念ながら、こうしたことがあまり意識されていないのです。

1

2

3

4

無断転載禁止
36181 0 深読み 2018/08/10 05:20:00 2019/01/22 16:11:44 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180802-OYT8I50031-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ