故郷の山はどうなる?登山地が抱く「悩みと望み」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

白神山地、霧ヶ峰…各地で問題が

「日本山岳遺産」に認定された山と活動主体
「日本山岳遺産」に認定された山と活動主体

 登山者たちを()きつける日本の美しい山々。その多くが今日(こんにち)、様々な問題に直面している。

 私が今年3月まで事務局長を務めていた「日本山岳遺産基金」は、各地の登山愛好家やボランティア団体などが行う山の環境保全活動を支援する目的で、山と自然の専門出版社「山と溪谷社」などが中心となって設立された。毎年、申請を受けた中からいくつかの地を「日本山岳遺産」に認定し、保全活動等への助成を行っている。これまでの8年間で、全国26か所を遺産認定した。

 直近の2017年度には6か所を認定したが、それはとりもなおさず、これらの山々がまさに今、何らかの問題・課題を抱えていることを示している。

1)二ツ森(秋田県)…世界遺産・白神山地の「青秋林道」近くに登山口がある。問題となっているのは、オオバコなどの外来植物の侵入だ。秋田白神コミュニケーションセンターが環境保全と観光振興との両立を図りつつ、外来生物の侵入防止作業と、地元の児童・生徒に向けた啓発を行っている。

オオハンゴンソウの防除作業をする岩手山地区パークボランティア連絡協議会の人たち
オオハンゴンソウの防除作業をする岩手山地区パークボランティア連絡協議会の人たち

2)岩手山(岩手県)…標高2,038メートルの岩手県最高峰。コマクサの群生地が天然記念物の指定を受けているが、オオハンゴンソウなどの外来種駆除が重要課題となっている。地元の岩手山地区パークボランティア連絡協議会が中心となり、登山道整備なども含め、地道な活動を続けている。

三ツ峠ネットワークの人たちによる防鹿柵の設置作業
三ツ峠ネットワークの人たちによる防鹿柵の設置作業

3)三ツ峠(山梨県)…奈良時代から信仰の対象となってきた霊山。環境省のレッドリストで絶滅危惧II類に指定されるアツモリソウが自生する。山小屋の主人たちで作る三ツ峠ネットワークが盗掘や踏み荒らしを防ぐための監視活動を行う。シカの食害を防ぐ「防鹿柵」の設置も重要な活動だ。

地元の小中学生も参加した入笠山周辺での外来種の除去作業(入笠ボランテイア協会提供)
地元の小中学生も参加した入笠山周辺での外来種の除去作業(入笠ボランテイア協会提供)

4)入笠山(長野県)…南アルプスの北端に位置し、様々な山野草が自生することから「花の宝庫」とも呼ばれる。比較的、手軽に登山を楽しめることもあって人気だが、湿原の遊歩道が傷むなどの問題もある。入笠ボランティア協会が、地元のスポーツ少年団や子ども会などの協力を得て保全活動に務めている。

5)霧ヶ峰(長野県)…国の特別天然記念物にも指定される風光明媚(めいび)な高原。近年、本格的な草取りが行われなくなったことなどで、外来植物の繁茂やシカの食害といった問題が発生している。湿原の乾燥化なども指摘され、霧ヶ峰草原再生協議会が自然環境の保護、再生に向けた取り組みを行っている。

6)大山(だいせん)(鳥取県)…伯耆(ほうき)富士とも呼ばれる中国地方を代表する名山。山腹から山裾にかけて西日本最大級のブナ林が広がる。グラウンドワーク大山蒜山(ひるぜん)が、生物多様性の保全のほか、子どもたちへの自然体験学習を推進するなどの幅広い活動を進めている。

嘉穂アルプス・馬見山山頂に地元の人たちが建てた避難小屋
嘉穂アルプス・馬見山山頂に地元の人たちが建てた避難小屋

 ちなみに、その前年度の2016年度には、福岡県・嘉穂アルプス(嘉麻市)を遺産認定し、避難小屋建設に助成を行った。地元の嘉穂三山愛会が、登山者をゲリラ豪雨などから守るために馬見山山頂に避難小屋を建てた。「北部九州豪雨による林道崩壊で1年遅れてしまいましたが、会員約10名による突貫工事で約半月で完成できました」(事務局長の有田芳行さん)という。

人と山との関係を見つめ直す

 上記の例など、ここ数年の山岳遺産認定地での活動内容は三つに大別できる。

 1.生態系の保全(外来植物駆除、シカ食害への対応、盗掘対策など)

 2.登山者の安全確保(傷んだ遊歩道や登山道の修復、避難小屋設置など)

 3.山の大切さの啓発(子どもたちに自然と親しんでもらう活動など)

 いずれも「人と山との関係を見つめ直す」動きである、という点で共通している。山の環境をめぐる問題は近年、様変わりし、以前のような「善悪二元論」的な単純な構図ではなくなりつつある。「何が山のためになるのか」を、一人一人が深く考えるべき段階になったとも言える。

1

2

3

4

5

無断転載禁止
36410 0 深読み 2018/08/11 05:20:00 2018/08/11 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180808-OYT8I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円
NEW
参考画像
3000円無料
NEW
参考画像
店内商品1,000円以上(税込)お買上げの方に、JERSEYオリジナルグッズをプレゼント。 ※先着50名様

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ