頭痛、めまい、冷え…「寒暖差疲労」の意外な原因

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

体調不良は自律神経の乱れ

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 天気病の原因と考えられているのが、呼吸や体温などの働きをコントロールしている自律神経の乱れです。

 自律神経には、体を落ち着かせる「副交感神経」と緊張時に血圧や心拍数を上げる「交感神経」があり、それぞれがバランスをとることで体調を一定に保っています。

 気温や気圧の変化などの刺激によって交感神経のほうが優位に働くと、痛みを感じる神経が興奮し、体調不良につながります。

 梅雨や台風など気圧の急激な低下で、頭痛、めまい、吐き気などの症状が出るのは、こうした体のメカニズムが原因と考えられます。当然、クーラーや暖房による室内外の気温変化も体に影響を及ぼします。

 自律神経が体調を一定に保とうとがんばることで、エネルギーを余計に消費します。その結果、疲労はたまりやすくなり、体が冷えるといった不調を招きます。この状態を「寒暖差疲労」と呼んでいます。

自律神経の働きが大事

 人間の体は、環境の変化に応じて、体調を適切に保とうとします。

 気温が高ければ、体内から熱を逃がすため発汗を促します。気温が低ければ、体内の熱を逃がさないために末梢の血管を締め、血流が低下するようになっています。これらは、自律神経の働きによって、無意識のうちに調節されます。

 寒暖差疲労の状態は、この調節機能が適切に働いていないことが考えられます。次のチェックリストで「寒暖差疲労」になっていないか確認してみましょう。

 

 〈1〉暑さ、寒さが苦手

 〈2〉エアコン(冷房・暖房)が苦手

 〈3〉周囲は暑がっているのに自分だけ寒い。長そでが手放せない

 〈4〉顔や全身がほてりやすい

 〈5〉大きな温度差で頭痛、肩こり、めまい、だるさ、関節痛、下痢などの症状が出る

 〈6〉熱中症(熱中症に近い状態)になったことがある

 〈7〉季節の変わり目に体調不良になる

 〈8〉冷え性だ

 〈9〉温度が一定の環境に長くいる(自宅、オフィスなど)

 〈10〉代謝が悪く、体がむくみやすい

 

 当てはまる項目が1~3個なら軽症、4~6個で中症、7個以上なら重症の疑いがあります。

1

2

3

4

無断転載禁止
37838 0 深読み 2018/08/24 07:20:00 2018/08/24 07:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180821-OYT8I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ