米朝交渉難航の中、金正恩氏が余裕なワケ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

苦渋の選択、様子見の中国

中国を代表して建国70年の北朝鮮を訪れた栗戦書(全国人民代表大会常務委員長、左)氏を迎える金正恩朝鮮労働党委員長。朝鮮中央通信が10日に配信した写真(ロイター)
中国を代表して建国70年の北朝鮮を訪れた栗戦書(全国人民代表大会常務委員長、左)氏を迎える金正恩朝鮮労働党委員長。朝鮮中央通信が10日に配信した写真(ロイター)

――今回、中国からは習近平(シージンピン)国家主席は出席せず、中国共産党序列3位の栗戦書(リージャンシュー)全国人民代表大会常務委員長が式典に出席した。中国側にはどのような思惑があるのか。

 「ポンペオ長官の訪朝中止を決めた後、トランプ大統領は『北朝鮮の非核化に進展が見られないのは、背後に中国がいるからだ』と、中国を名指しで非難した。裏で糸を引いているのは、中国だと見ている。この際、トランプ大統領の見方が真実か否かは重要ではない。重要なのは、米国が北朝鮮問題を解決するための戦略を変えたということだ。

 トランプ大統領は、北朝鮮問題の解決には中国の協力は必要だが、米国とはそもそも立場が違う中国の協力には限界があることにも気付いたのではないか。

 米国は、北朝鮮問題を解決するためには、今は北朝鮮に集中するより、貿易問題などで『中国崩し』に力を入れた方が効率的であり、根本的に問題を解決することが可能だというふうに考えを変えた。一種の迂回(うかい)戦術を駆使しているように見える。

 そんな中、習氏が北朝鮮を訪問し、金正恩氏と一緒に軍事パレードを見たら、トランプ大統領の見方が正しいことを裏付けるばかりか、中国が米国と協力するつもりはないという立場を明確に打ち出したのと同じことになってしまう。

 米国の言いなりにはならないぞというメッセージを送りつつ、決定的な対立を避けるための苦渋の選択として、中国はナンバー3を送り、様子を見たのだと思う」

――中国の協力に限界があるのは、北朝鮮問題で米国と中国はそもそも目指すゴールが違うからということか。

 「朝鮮半島の問題に対する中国の原則的な立場は、ずっと前から変わっていない。朝鮮半島の非核化実現、半島の平和と安定を維持、問題の話し合いによる解決だ。

 朝鮮半島の非核化と米国が言う北朝鮮の非核化は本来、全然違うものだが、今は米国も北朝鮮が本当に非核化するなら要求をきいてあげようということで、とりあえず朝鮮半島の非核化という言葉を使っている。ただ、国際社会が北朝鮮に強い態度で出ようとしたら、それは話し合いでやりましょうとか、平和と安定を害するとか言って、制裁をやわらげるようなことを中国はずっとやってきた。

 中国は、本音の部分では北朝鮮の問題は解決してほしくないのだと思う。なぜかというと、一つは北朝鮮の問題が存在することで米国をへとへとにさせることができる。もう一つは、もし、この問題が片付いた場合、間違いなく中国がターゲットにされるからだ。これまで悪者といえば北朝鮮だったが、それがなくなったら、中国が世界で一番の悪者にされてしまう。それを中国は非常に懸念している。北朝鮮を温存するのは中国の国益でもある」

1

2

3

4

無断転載禁止
40517 0 深読み 2018/09/11 12:36:00 2018/09/11 12:36:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180911-OYT8I50017-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ