読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「どうせなら最下位」自虐に走る茨城と名古屋

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

むしろ「47位」を強調する

茨城県のVチューバー「茨ひより」さん
茨城県のVチューバー「茨ひより」さん

 まずは、魅力度ランキング6年連続最下位の茨城県が、どんなPRを展開しているかを見てみましょう。

 茨城県は今年8月、自治体としては初めて、県のネットPR番組に「バーチャルユーチューバー(Vチューバー)」と呼ばれるコンピューターグラフィックス(CG)のキャラクターを採用しました。Vチューバーはここ最近、若者を中心に人気を集めています。PRへの活用事例はまだ多くありません。それなのに、事例主義でお堅いはずの自治体が、いち早く活用したことで話題になりました。

 Vチューバーの「(いばら)ひより(愛称・ひよりん)」がアナウンサーとして、観光情報などをニュース形式で発信しています。

 初回に公開された動画では、自己紹介とともに、「目標は都道府県魅力度ランキング47位を脱却することです。こんなにいい所なのに47位なんておかしいと私は常々思っているんです!」と力が入ります。画面には「47位」の文字が大きく躍っています。

 「そんなに強調しなくてもいいのに……」と思うほど、積極的に「魅力度最下位」をPRしているのです。

「最下位」は「禁句」のはず

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 PRのセオリーに照らせば、「最下位」を強調する必要はありません。

 ネガティブなイメージを払拭したいならば、むしろ、最下位だった過去を人々に「忘れてもらう」ため、まったく異なるイメージ戦略に取り組まなければ意味がありません。

 例えば、異物混入や賞味期限改ざんなどでイメージダウンした企業は、できるだけ早く、悪評を取り除くために、新たなイメージ戦略を繰り出します。その際、過去の悪いイメージを人々に思い起こさせる言葉は「禁句」になります。代わりに、まったく異なるキャッチコピーを前面に押し出すことで、悪いイメージを払拭しようと躍起になるものです。

 そう考えると、茨城県が自治体初のVチューバーまで起用して「魅力度最下位」を強調するのは、ちょっと違和感があります。

 こんなふうに、「最下位」をわざわざPRしている自治体は茨城県だけではありません。名古屋市は、さらに戦略的に「最下位PR」を行っています。

1

2

3

4

5

無断転載・複製を禁じます
48393 0 深読み 2018/11/01 07:00:00 2019/01/22 16:17:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181030-OYT8I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)