読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「どうせなら最下位」自虐に走る茨城と名古屋

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

自治体に好まれる「自虐PR」

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 自治体の「自虐PR」は2011年頃から全国に広がりました。

 「うどんしかない」というイメージの脱却を狙った香川県は、自虐的に「うどん県」と名乗ることで県のPRを行いました。

 島根県は「世界遺産があると言っても信じてもらえない」「新幹線がとまりません」などと書かれた「自虐カレンダー」を発売して話題になりました。

 その後も、「おしい!広島県」「のびしろ日本一!いばらき県」「スタバはないけど、スナバはある!」(鳥取県)など、各自治体で自虐的なアプローチが続きました。

 最近では、東京・練馬区も「練馬区独立70周年記念」で自虐PR動画を制作して注目を集めています。「練馬区は港区に勝てる気がしない」「23区なのにJRが通っていない」などとさげすみ、「でも練馬区にはいいモノがたくさんある」と地域愛を喚起しています。練馬区民にはすこぶる好評だそうです。

「私たちの街は日本一!」とは言えない

(地域ブランド調査2018より)
(地域ブランド調査2018より)

 こうした自治体の自虐PRには、日本人に根付く「謙遜は美徳」とされる独特の精神文化が深く関係していると思われます。

 農耕民族として、集団行動を重んじてきた日本人は自慢や抜け駆けを嫌い、謙遜や遠慮を高く評価してきました。選りすぐった贈り物でも相手には「つまらないものですが」と言って渡し、他人に褒められても「とんでもないことでございます」と否定します。

 「出る杭は打たれる」と言われるように、自己PRに熱心な人はコミュニティーで浮いた存在になりかねません。悪目立ちすれば、いわゆる「村八分」にされてしまうリスクもあります。

 コミュニティーを円満に保つためには、過剰な自己PRはご法度です。慎ましく謙遜する態度が不可欠なのです。「私たちの街はまだまだダメだから、一緒に頑張りましょうね」と遠慮がちに、地域愛を確かめ合い、結束力を高める方法が効果的なのです。

 これを、「私たちの街は日本一だ!」と豪語していたらどうなるでしょう。保育所が少ない、交通弱者への支援が足りない、働ける場所をもっと増やして……、住民からこんな課題を次から次へと指摘され、「税金を使っているくせに、地域の課題を分かっていないじゃないか」と吊るし上げられるでしょう。住民の理解や協力が不可欠な地方自治の運営において、土台から崩れてしまいます。

 一方で、国からは巨額な交付金を提示され「もっと地域をPRしろ」とプレッシャーをかけられます。議会からも「いいモノがたくさんあるはずなのにPRが下手」などの批判を浴びます。

 その結果、自治体は、国と議会と地域住民のすべてに説明がつく「自虐PR」に走ってしまうのです。

1

2

3

4

5

無断転載・複製を禁じます
48393 0 深読み 2018/11/01 07:00:00 2019/01/22 16:17:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181030-OYT8I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)