長距離界席巻…ナイキ厚底は“魔法のシューズ”か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

市民ランナーにも広がる愛用者

今年1月の箱根駅伝・往路で、先頭集団から抜け出して快走する東洋大・1区の西山和弥。東洋大は山区間以外の8人がナイキの厚底シューズを使用、往路を制し、総合でも2位に入った
今年1月の箱根駅伝・往路で、先頭集団から抜け出して快走する東洋大・1区の西山和弥。東洋大は山区間以外の8人がナイキの厚底シューズを使用、往路を制し、総合でも2位に入った

 今年正月の箱根駅伝では、山区間以外の8人が「ズーム ヴェイパーフライ 4%」を履いた東洋大が往路を制し、総合2位に入った。大会全体で40人近い選手が同モデルを着用していたことで、前年は4位だったナイキのシューズの占有率がアシックスを抜いてトップに立った。10月の箱根駅伝予選会でも厚底シューズの着用がさらに増えた印象で、その人気は市民ランナーにも広がっている。

森保一・サッカー日本代表監督の恩師が語る「今西和男チルドレン」の群像

 「ズーム ヴェイパーフライ 4%」は2万5920円(税込み)とランニングシューズとしては高額だが、それでも品薄状態が続いているのだ。発売日になるとショップに行列ができ、オンラインストアでは数分で完売してしまうほど。昨年夏から本格的な発売が始まったものの、履きたくても履けないランナーがたくさんいる。その理由はなぜか?

 ナイキによると、「ズームXフォームの素材は通常のルートとは異なり、航空宇宙産業の分野から取り寄せているので、まず、大量生産に向いていない。それと、多くの工場で扱ってしまうと、情報防衛の問題もある。限られた工場で、ひとつひとつ丁寧に作っているので、どうしても数が限られてしまう」ということだ。

 マーケティングの戦略上、出荷数をコントロールしている可能性もあるが、それでも今年9月上旬に発売された新モデル「ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット」(2万8080円、税込み)は生産量が増えたようで、市民ランナーの足元も飾るようになった。

履きこなすには時間が必要

 本格登場以来、2年足らずの間に数々の栄光を勝ち取ってきた“魔法のシューズ”は、果たして万人に効果があるのだろうか。日本人ランナーでいち早く履いた大迫が「最初は慣れなかった」と話しているように、履きこなすには少し時間が必要なようだ。

 大迫を指導するコーチのピート・ジュリアン氏も「従来のシューズと履いた感覚が違うし、爪先に重心をかけるような走りになる。スグルも慎重に(走りを)変えていくように心がけてきた」と話す。

 駅伝メンバーのほぼ全員がナイキの厚底シューズを履いている東洋大は、シューズに合わせるかたちで、フィジカルを強化するようになった。カーボンファイバー製プレートをうまく屈曲させることができないと、推進力につながらないどころか、マイナスに作用してしまう可能性があるからだ。

 酒井俊幸監督は「選手は履きたがるが、履きこなせない選手にはストップをかけている。姿勢やフォームを最後まで維持できるのか。それができれば、すごく革命的なシューズだと思う」と感じている。

1

2

3

4

スクラップは会員限定です

使い方
「深読み」の最新記事一覧
56590 0 深読み 2018/12/02 07:00:00 2018/12/02 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181130-OYT8I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)