まだ「おせち」食べる?気になる正月の風物詩

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

日本伝統の「エンタメ」

画像はイメージです
画像はイメージです

 おせち料理の語源はお(せち)()料理だ。お節供とは神様と一緒に食事をし、日常生活のけがれをはらう特別な日のこと。

 正月だけでなく、ひな祭り、端午の節句、七夕、重陽の節句は、五節供と呼ばれ、それぞれにおせち料理があった。しかし現代では、正月料理だけが「おせち」と呼ばれている。

 神様と共食する雑煮以外は火を使わないで調理する風習だったため、塩分や砂糖を多用する保存食としておせちは受け継がれてきたが、家電の進化でその必要性はなくなった。正月くらいは女性を休ませようという“機能”も薄れて、むかしの人から見たら、しきたりすら簡略化している。それを悲観するつもりはない。時代とともに変化していくのは当然だ。

 ただ、正月の過ごし方が多様化し、おせちが個食化に向かうほど、食べるチャンスは明らかに減っていく。小学校の教科書に出てきたけれど、一度も食べたことがないという人が増えていくとしたら寂しい。

 おせちは縁起をかついで、めでたい素材をお重にぎっしり詰め込む、しゃれが利いた特別な料理だ。これだけテーマ性のある料理は他の国にはない。日本伝統の「エンタメ」と思って楽しんでみるのはどうだろう。

 もっとも大事とされる黒豆・数の子・田作り(関西では田作りの代わりに、叩きごぼうが入る)の「三つ(ざかな)」があれば形になる。1年に1度のチャンスだ。松や南天をあしらい、自分で盛り付ければ、いつもの年と違う正月気分が味わえる。

 おせちは「食べない」という人でも、デパートやスーパーのおせちカタログをぜひネットなどで眺めてほしい。「平成最後」のおせちから、時代の雰囲気を感じ取ることができるだろう。

プロフィル
大久保 朱夏( おおくぼ・しゅか
 横浜生まれ。食生活ジャーナリスト、食のクリエイター。2011年から『現代用語の基礎知識』の食の用語を執筆している。著書に『首都圏トレイルランニングコースガイド』(マイナビ)、『はじめてのライスミルク』(自由国民社)。ブログは こちら

1

2

3

4

5

無断転載禁止
56628 0 深読み 2018/12/29 07:00:00 2018/12/29 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181219-OYT8I50078-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ