花粉症が重くなる原因、実は…

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

花粉が6年ぶり大量飛散の予報も

画像はイメージです
画像はイメージです

 ドライアイと花粉症は、密接に関係しているので特に注意が必要です。

 気象情報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)によると、2019年春のスギとヒノキ(北海道はシラカバ)の花粉飛散量の予測は昨年の3倍近く、2013年以来の大量飛散となる見通しだということです。

ドライアイと花粉症

 ドライアイで、涙の量が少なくなった場合、花粉が目に入っても洗い流すなどして守ってくれません。そのため、本来は発症しないレベルの少量でも目の中に残ることで、炎症や結膜炎を引き起こしやすくなります。ドライアイで、かつ花粉症の人は、花粉の飛散前にドライアイを改善しておけば、目のかゆみがこれまでより軽くなり、保護することにもつながります。

 これまでドライアイに気が付かずに花粉症シーズンで苦しんでいた人も、ドライアイかどうかを診断してもらいましょう。ドライアイである場合は適切な治療をすれば、これまでのシーズンよりも症状を軽くできる可能性があります。

加湿対策が効果的

画像はイメージです
画像はイメージです

 「花粉症だが、ドライアイではない」という人も、瞬きの回数が減るスマホの長時間使用などは避け、ドライアイにならないように注意することが大切です。

 花粉症にもドライアイにも効果があるのは、周囲の湿度を保つことです。部屋の中であれば加湿器が役に立ちます。最近ではフレームに水を入れて目の周りの湿度を保つ眼鏡も商品化されているので、試してみる手もあるでしょう。

プロフィル
平松 類(ひらまつ・るい)
 1978年、愛知県田原市生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業。福島県郡山市今泉西病院、山形県米沢市三友堂病院眼科科長、彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長などを経て、現在、二本松眼科病院医員(東京都江戸川区)。著書に、『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ』(SBクリエイティブ)、『本当は怖いドライアイ-「様子を見ましょう」と言われた人のために』(時事通信社)、『認知症の取扱説明書』(SBクリエイティブ)など。

『本当は怖いドライアイ-「様子を見ましょう」と言われた人のために』(時事通信社)
『本当は怖いドライアイ-「様子を見ましょう」と言われた人のために』(時事通信社)

1

2

3

4

無断転載禁止
301460 0 深読み 2019/01/25 07:00:00 2019/02/14 16:05:35 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190121-OYT8I50071-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ