認知症の80歳がCDデビュー、英国で起きた奇跡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

困難を救った「歌の力」

歌いながらドライブするテッド(右)とサイモン(2016年)
歌いながらドライブするテッド(右)とサイモン(2016年)

 テッドは、サイモンが自分の息子であることがわからなくなっていた。家の中で暴れることも多くなり、母親のことが心配になった。そこでサイモンは一計を案じた。「車中カラオケ」とでもいうべきユニークな方策だった。失われた親子の絆を取り戻すことができたのは、やはり「歌の力」のおかげだった。

 「父が母にあまりに激しい攻撃を加えるので、私が実家に帰った時は、父を連れて車で出かけることにしていました。ある時、父の好きな曲の伴奏を収めたCDを持っていたので、車の中でかけてみました。すると、父が歌い出し、雰囲気が変わったのです。

 父は常に偉大な歌手でした。彼の声が昔のままだったからといって、何も驚きません。大切なのは、父が本当に幸せそうな顔になったことです。

 それからは、父がかんしゃくを起こすたび、車で外に連れ出すことにしました。父が再び気分が変わるまでの間、つかの間の平穏な時を過ごすことができました」

SNSを通じて世界へ

家族でオーストラリアへ(2007年)
家族でオーストラリアへ(2007年)

 サイモンはテッドが歌う様子をビデオに収めた。その動画をSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿すると、驚くほどの反響があった。

 「最初は家族や友人の間でシェアされればいいかなと思っていたので、目の前で起きたことに対して、何も準備ができていませんでした。

 気が付くと、ニュージーランド、オーストラリア、ブラジル、アルゼンチン、米国の人たちからメッセージが来ていました。そしてある日、一晩で巨大な流れとなり、朝起きると何千ものメッセージが来ていたほか、何百もの募金の申し出がありました。人生の中で最も現実離れしていると感じた瞬間でした。

 募金が10万ポンド(約1400万円)に達する頃になると、多くのテレビチャンネルで私たちのことが取り上げられました。米国、スペイン、フランスの友達が『ニュースで見たよ』と電話をかけてきました」

英国最高齢の新人歌手に

スタジオでの録音風景(2016年)(c) Decca Records
スタジオでの録音風景(2016年)(c) Decca Records

 SNSでの反響を受けて、レコード会社からオファーが舞い込んできた。2016年秋、テッドは80歳にしてCDデビューを果たした。英国では最高齢の歌手デビューだ。収録されたフランク・シナトラのカバー曲「You Make Me Feel So Young」は一時、iTunesのトップ5にランクインするほど反響を呼んだ。

 「母の力がなければ、何も実現しなかったでしょう。私たちが崖っぷちに追い込まれた最悪の日々においても、母は私たちが再び立ち上がり、進み続ける力を与えてくれました。

 父も恵まれた才能を持っていると思います。素晴らしい声を持っていながら、ずっと成功するチャンスをつかむことができませんでした。私たちが最も必要としている時に、天は夢の実現に力を添えてくれたのだと思います」


1

2

3

4

5

無断転載禁止
177603 0 深読み 2019/01/22 12:22:00 2019/01/22 12:22:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190122-OYT8I50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ