読売新聞オンライン

メニュー

無冠の羽生、復活のヒントは過去の名棋士にあり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 どんな王者にも必ず「その時」は来る。将棋の羽生善治氏(48)がタイトルをすべて手放し、「九段」と呼ばれる日がついに来た。若い世代の追い上げに、最後の城である「竜王」を守りきれなかったのである。羽生九段はゼロからの再出発となるが、歴代の名棋士たちも、みんな一度はどん底を経験し、そこから見事にはい上がった。彼らの復活術とは、どのようなものだったのか。将棋ライターの小島渉さんに寄稿してもらった。

王者の落日

第31期竜王戦七番勝負第7局の終局後、対局室に詰めかけた報道陣。羽生は27年ぶりの無冠に転落し、広瀬新竜王が誕生した(2018年12月21日、山口県下関市で)
第31期竜王戦七番勝負第7局の終局後、対局室に詰めかけた報道陣。羽生は27年ぶりの無冠に転落し、広瀬新竜王が誕生した(2018年12月21日、山口県下関市で)

 「負けました」。挑戦者の広瀬章人八段(31=当時)が決め手となる一手を放つと、羽生は深々と頭を下げて、投了を告げた。27年間、いつも何がしかのタイトルを保持し続けてきた羽生が、無冠に転落した瞬間だった。

 竜王のタイトルを持つ羽生に、今期絶好調の広瀬が挑む第31期竜王戦七番勝負は、白熱したシリーズになった。筆者は第1局と第7局を現地で取材した。ポーカーフェースの広瀬に対し、羽生がときに大きなため息をつきながら、必死の形相で盤に向かっていたのが印象に残っている。

 思えば、羽生が通算99期目となるタイトルを獲得したのが、17年12月のことだった。当時、竜王を保持していた渡辺明から4勝1敗でタイトルを奪取。通算7期目の竜王獲得により、「永世竜王」の称号の資格を得た。

 八つある将棋のタイトルのうち、七つに定められている永世称号(永世竜王、永世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖)をすべて手にした「永世七冠」の実績により、昨年2月に国民栄誉賞を授与されている。

 節目となるタイトル獲得100期まであと1期。だが、その1期が遠い。竜王獲得以降、名人戦、棋聖戦の番勝負に出たが、名人戦は佐藤天彦名人(30歳=当時)に防衛を許し、棋聖戦は日の出の勢いの豊島将之八段(28)にタイトルを奪われてしまった。

 竜王のみの一冠となって臨んだのが、広瀬との竜王戦である。羽生の2連勝スタートから広瀬がタイに戻し、第5局を羽生が制して防衛にあと1勝に迫る。だが、最後は広瀬が抜き去った。シリーズを通して羽生が押していた将棋が多かったものの、容易に腰を割らない広瀬の勝負術が光った。

 最終局、2日目の昼を過ぎても、形勢は難解といわれていた。だが、夕方に急転直下、広瀬の攻めが決まる。控室では立会人の藤井猛九段、日本将棋連盟会長の佐藤康光九段らが対局室を映すモニターを見守り、大勢の報道陣が終局に備えた。だが、羽生は投げなかった。形勢に差をつけられてからも、2時間近く盤から目を離さず、最後は一分将棋に追い込まれるまで指し続けた。最終局の手数は167手。シリーズで最も長い手数だった。

1

2

3

4

無断転載・複製を禁じます
422636 0 深読み 2019/02/04 16:02:00 2019/02/05 10:03:25 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190204-OYT8I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)