平成ジャンプにゼロ婚…結婚式は駆け込み特需?

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

結婚式の「固定費」は変わらない

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 金銭的に余裕はないが、それでも結婚式を挙げたいというカップルにとって、こうした格安をうたうプランは選択肢の一つになると私は考えている。ただ、あらかじめご祝儀を目当てに行うというスタイルは、どうしても受け入れ難いというカップルもいるだろう。

 そうであれば、仮に「ゼロ婚」であっても、慎ましく地味な結婚式を行うのではなく、招待客を増やし、大勢のゲストに祝福されるスタイルをおすすめしたい。というのも、経済的な負担を心配して節制しようとするよりも、盛大に挙式・披露宴をするほうが費用面で優位になるケースがあるためだ。

 ご祝儀の相場を3万円とすると、招待客が30人であれば90万円、100人であれば300万円が集まることになる。

 結婚式にかかる費用として計上されるアイテムは数多くあるが、実は二つのタイプに分類することができる。

 一つは、参列者数によって総額が異なるもの。会計学で言う「変動費」で、料理代、飲み物代、引出物代、引菓子代などがこれに当てはまる。

 もう一つは、参列者数に関係なくかかる費用だ。挙式代、ドレスやタキシード代、司会者代、演出代などで、これらは「固定費」と言える。ここで、お気付きの方も多いかと思うが、参列者が30人でも100人でも、結婚式にかかる固定費はそれほど変わらない。

 ということは、結婚式にかかる費用を変動費と固定費に分類した上で、参列者数とご祝儀を組み込むと、結婚式の損益分岐点(負担ゼロの参列者数)を算出することが可能だ。

結婚式における損益分岐点(前提条件:1人当たりのご祝儀を平均3万円、1人当たりの変動費を2万円、固定費を一律100万円と仮定)
結婚式における損益分岐点(前提条件:1人当たりのご祝儀を平均3万円、1人当たりの変動費を2万円、固定費を一律100万円と仮定)

 この図を見て頂くと分かる通り、参列人数が多ければ多いほど、結果としてご祝儀の総額も多くなる。このため、結婚式の総額(固定費+変動費)とご祝儀の総額が同額となる損益分岐ポイント(ゼロ負担)を算出することができる。会場利用費が変わらない範囲であれば、招待客が多いほうが結果的に当事者の負担が軽減されることにつながる。


1

2

3

4

437392 0 深読み 2019/02/09 08:08:00 2019/02/14 11:51:30 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190207-OYT8I50024-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ