わが子が発達障害?親がぶつかる「最初の壁」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 発達障害など、子どもの心を扱う医療機関で、数か月にも及ぶ「予約待ち」が常態化しているという。異変に気づいても、すぐには専門医に診せることができず、不安を募らせる親が少なくないそうだ。小児外科医で、数々の医療ルポを手がける松永正訓さんが現状をリポートし、解決への道を探る。

発達障害は稀ではない

子どもたちの健やかな成長を誰もが願うが…(写真はイメージ)
子どもたちの健やかな成長を誰もが願うが…(写真はイメージ)

 私は、千葉市の中心部からやや離れた住宅街で小児クリニックを構えています。診療の合間に、小児がんや先天性染色体異常、在宅呼吸器を使う子どもたちについてルポルタージュを書いてきました。

 昨秋には、『発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年』(中央公論新社)という本を出版しました。この本を書くうちに、発達障害の診療に関して、医療界に大きな問題があることが見えてきたのです。

 発達障害とは、脳の先天的な発生・発達の異常に基づく障害です。2012年に文科省が実施した調査によれば、通常学級の中で発達障害の可能性のある児童・生徒の数は約6.5%であるという報告がなされています。15人に1人の割合です。こんなに多いのかと驚く人が多いでしょう。

 発達障害とは次の三つを言います。多いとされる順に書きます。

 1.学習障害

 2.注意欠如多動性障害

 3.自閉症スペクトラム障害

 これらの三つは重なり合い、1人の子どもが複数の障害を併せ持っている場合もあります。自閉症スペクトラム障害の「スペクトラム」というのは聞き慣れない言葉かもしれません。自閉症には、知的障害を伴う子から正常な子まで知能に幅があり、自閉的な傾向の強さにも大きな幅があります。こうした幅のことを連続体=スペクトラムと表現しているのです。

 私が自著で描いたのは、勇太君(仮名)という現在18歳の青年と、その母親の立石美津子さんのこれまでの人生です。勇太君の知能指数は37で、精神年齢は5歳8か月と判定されています。自閉症の特徴であるコミュニケーション障害と、(かたく)ななこだわりの強さが見られます。母親の立石さんは幼児教育の専門家で、著作活動や講演活動をしています。本には、母親がいかに勇太君の障害を受容していったのかについて書きましたが、ここではそのプロセスにも関わる「自閉症の診断の難しさ」を論じたいと思います。

1

2

3

4

444286 0 深読み 2019/02/15 07:00:00 2019/02/15 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190213-OYT8I50014-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ