「運動してますよ」という中高年が不健康なワケ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「血糖値が高いです。このままだと大変なことになります」――。健康診断の結果から、医師にこんなふうに言われた経験がある人も少なくないはずだ。1日1万歩、腕立て・腹筋30回、テレビを見ながらストレッチ……。運動をしているつもりなのに、健康とは程遠いのはなぜか。フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏に聞いた。

運動習慣は5人に1人

画像はイメージ
画像はイメージ

 厚生労働省が2016年に発表した「国民健康・栄養調査」によると、20~64歳の男女で日頃から運動習慣がある人(1回30分以上の運動を週2回以上実施し、1年以上継続している者)は21%しかいません。

 オフィスワーカーの中には、ランチ以外はずっと座りっぱなしという人もいるでしょう。階段を避けて、エスカレーターやエレベーターを使う人も多いはずです。運動を意識的に取り入れなければ、普段の生活で体を使う活動量はほとんどありません。

 健康意識の高いサラリーマンや主婦の中には、こんなふうに運動を心がけていると主張する人もいます。


 「一つ前の停留所で降りて歩くようにしている」

 「毎日15分、犬の散歩をしている」

 「床や窓の拭き掃除のときに腕を大きく動かすようにしている」


 もちろん、仕事や家事などの忙しい日常生活の中で運動を取り入れようという姿勢は評価できます。「やらないよりも、やったほうがいいでしょ」と胸を張る人もいます。しかし、これらは肥満解消や筋肉増強という意味では十分とは言えません。

 中高年が健康診断で引っかかってしまう「血糖値」「高血圧」「メタボリックシンドローム」などの値を改善するには、目的に合ったトレーニングが求められるのです。

1

2

3

4

無断転載禁止
445951 0 深読み 2019/02/16 07:40:00 2019/02/15 17:54:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190215-OYT8I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ