経済減速の韓国、頼みの綱は日韓スワップ再開?

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本との間で次から次へと問題を起こす韓国だが、足下の経済は盤石ではない。世界的な半導体需要の低迷が、韓国経済を直撃しているからだ。文在寅(ムンジェイン)大統領としては景気減速を食い止めたいところだろうが、財閥の力に頼ってきた韓国が経済全体の底上げを図ることは容易ではない。世界経済の後退が続けば、韓国は一段と厳しい状況に直面する。そうした時の「保険」のために、かつて日本との間で結んでいた「通貨スワップ」の再開を求める声が韓国経済界に根強くある。再び日本にすがりついてきた時のために、日本が打つべき手とは何か。法政大学大学院の真壁昭夫教授に寄稿してもらった。

減速が鮮明化する韓国経済

ソウルを走る地下鉄の駅に設置されたサムスン製品の広告。サムスンは2018年の第4四半期に業績が大幅に悪化した(AP)
ソウルを走る地下鉄の駅に設置されたサムスン製品の広告。サムスンは2018年の第4四半期に業績が大幅に悪化した(AP)

 2018年、韓国の実質GDPは前年から2.7%増加した。この水準は韓国としては6年ぶりの低さである。韓国経済の成長率低下はもはや覆い隠すことはできない。減速の最も大きな原因は、輸出の減少だ。特に、サムスン電子などが手掛ける半導体の輸出急減が、経済成長に急ブレーキをかけている。

 韓国経済の大きな特徴は二つある。貿易依存度(GDPに対する貿易=輸出入額=の割合)の高さと、財閥企業の存在感の大きさだ。韓国は、海外から資源や部品などを仕入れ、それを国内で加工・生産して輸出を行うことによって成長を遂げてきた。そのため、韓国は貿易依存度が高い。13年まで、韓国の貿易依存度は100%を超えていた。17年の貿易依存度は80%程度である。

 輸出の担い手となってきたのが、サムスンや現代をはじめとする財閥企業だ。08年に発生したリーマン・ショックの後、韓国の財閥企業は、中国の需要を取り込んで業績を拡大してきた。中国経済が成長している間は、韓国財閥企業の中国における収益が拡大し、韓国の景気は上向きやすい。ところが、中国の景気がもたつき始めると、財閥企業の業績は悪化し、韓国経済は急激に減速することが多い。昨年の減速は、中国経済の減速を受けた輸出の減少によるところが大きい。

ソウルで開かれた産業フェアでサムスンのブースに入る人たち。韓国経済は財閥の力に頼る部分が大きい(AP)
ソウルで開かれた産業フェアでサムスンのブースに入る人たち。韓国経済は財閥の力に頼る部分が大きい(AP)

 近年の韓国経済を支えたのが、サムスン電子だ。同社は16年に起きたスマートフォンの発火事故による業績の悪化を、半導体メモリーの代表格であるDRAM事業の成長で補ってきた。特に、中国政府がIT先端技術を用いた産業振興策である“中国製造2025”を推進したことは、半導体への需要を大きく高めた。それをうまく取り込んだことで、サムスン電子の業績が拡大した。その結果、17年にサムスン電子は米インテルを抜き、世界最大の半導体企業になった。

 18年に入ると、一転して中国経済は減速した。公共事業の中断に加え、世界的なスマートフォン販売の不振や米中貿易戦争への不安から、中国企業の業況が悪化したことが大きい。その影響から18年10~12月期、サムスン電子の営業利益は前年同期比で29%減少した。四半期ベースで営業利益が前年同期を下回ったのは2年ぶりだ。

1

2

3

450745 0 深読み 2019/02/19 09:52:00 2019/02/19 09:52:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190215-OYT8I50026-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ