自分って何者…?就活「自己分析」で陥る失敗

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年春に卒業する大学生の就職活動が本格的に始まる。経団連に加盟する企業の説明会などの広報活動は3月1日に解禁。就活サイトや各企業の採用ホームページが一斉に開設される。面接や選考に向けて、学生に求められるのが「自己分析」だ。これまで何をやってきたか、自分は何ができるのか――。自らを顧みるたびに自己嫌悪になるという学生もいる。採用コンサルタントの谷出正直氏に解説してもらった。

就活生が知るべき三つのこと

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 3月1日から、いよいよ2020年3月に卒業する学生たちの就職活動が始まります。

 大学3年の夏休みなどにインターンシップ(就業体験)を実施する企業が増え、一部では、採用スケジュールが形骸化しているとも言われていますが、多くの企業が3月から一斉に採用活動を開始します。

 学生が就職活動を始めるにあたって、把握しておくべきことが三つあります。

 一つ目は、「就活」についてです。一般的な就活スケジュール、エントリーシート、適性テスト、会社説明会、OB・OG訪問、選考、面接など、内定を獲得するまでの一つひとつの取り組みです。

 二つ目は、「社会」についてです。企業、仕事、働くことなどについて深く知ることです。そして、自分が貢献できることは何か、あるいは、そのために身に付けるべき知識・技能は何かを考えます。

 三つ目は、「自分自身」についてです。自分の特徴を把握し、企業に伝え、理解してもらうことです。これまでの人生で、初めてと言っていいほど、自分に向き合う時間が増えます。就活を始めると、OB・OG訪問や選考・面接などの場面で、よく聞かれるのは「あなたは(自分)は、どんな人ですか」ということです。

 なぜ、就活では、こんなことを何度も聞かれるのでしょうか?

1

2

3

4

5

6

7

467854 0 深読み 2019/03/01 07:07:00 2019/03/01 14:24:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190227-OYT8I50061-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ