長身でモテモテ…ホンダN-BOXに弱点は?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 背が高いほうが人気――。高身長はもてる男性の一要素とされたが、最近は軽自動車にもそれが当てはまるようだ。販売台数の上位を占めるホンダ・N―BOX、スズキ・スペーシア、日産・デイズなど、いずれも高さ1.7メートルを超えるシュッとしたスタイルが特徴だ。「ハイトワゴン」と呼ばれる背の高いスタイルが主流の軽自動車を選ぶ上で、注意点は何か。モータージャーナリストの御堀直嗣氏に解説してもらった。

圧倒的な人気のN―BOX

ホンダのN-BOX
ホンダのN-BOX

 軽自動車の販売が堅調だ。

 特に、「ハイトワゴン」「スーパーハイトワゴン」「トールワゴン」などと呼ばれる背の高いタイプに人気が集中している。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会によると、2018年1月~12月の自動車販売台数は、1位がホンダ・N―BOXで24万1870台だった。次いで、2位にスズキ・スペーシア15万2104台、3位が日産・デイズ14万1495台、4位にダイハツのタント13万6558台が続き、販売数上位を軽自動車が占めた。

 軽自動車以外の登録車では、5位に日産・ノートが13万6324台で食い込んだが、トップ10の中に軽自動車は7車種が入った。

 人気上位の軽自動車はいずれも、ハイトワゴンまたはスーパーハイトワゴンと呼ばれる背の高い車種だ。なかでも、N―BOXはスペーシアの1.6倍近い販売台数で2位以下を引き離し、圧倒的な人気を誇る。

1

2

3

4

無断転載禁止
496539 0 深読み 2019/03/19 09:19:00 2019/03/19 09:19:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190315-OYT8I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ