動画消えるはず…悪ふざけを「テロ」に変えた誤算

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2月上旬から3月にかけて、外食店やコンビニエンスストアで、アルバイト従業員が悪ふざけで食材や調理器具を不適切に扱った動画が相次いで拡散され、問題となった。「バイトテロ」などと称されるこうした不適切動画の多くは、インスタグラムの「ストーリーズ」と呼ばれる動画投稿機能が使われたようだ。投稿された動画はなぜ拡散・炎上したのか。図を使って解説する。(ITジャーナリスト・三上洋)

「バカッター」との違い

 最近、話題の「バイトテロ」問題に似たケースとして、以前に「バカッター」騒動があった。2013年の流行語大賞の候補にもなった言葉で、ツイッターにバカな投稿をすることから名付けられた。コンビニの冷蔵庫にアルバイト店員が入る画像の投稿などを覚えている人も多いだろう。

 「バカッター」は静止画だったが、今回は動画という大きな違いがある。そして、文字(テロップ)があったり、下側に「紙飛行機マーク」のコメント投稿ボタンがあったりすることから、多くは画像共有サービス・インスタグラムの動画投稿機能「ストーリーズ」を使っていると思われる。図1はその「ストーリーズ」の特徴を示した。

 「ストーリーズ」の特徴は、15秒の短い動画であることと、そして投稿後、24時間で消えることにある。こうした機能は身近な出来事を仲間内に見せることを前提としており、利用者の多くは仲間である「フォロー中の人」だけに見せる設定にしている。

 つまり、不適切動画は「多くの人に見てもらいたい」「拡散したい」といった趣旨ではなく、仲間内だけに見せるつもりで投稿した可能性が高いのだ。例えるなら、居酒屋で仲間に武勇伝を語るようなものと言える。わざと悪ぶったことをする、犯罪スレスレの悪さをすることを、仲間内の「ネタ」として動画投稿したと考えていいだろう。

 しかし、それがなぜインターネット上に拡散し、誰でも見ることができるのか。

1

2

3

4

無断転載禁止
512849 0 深読み 2019/03/30 07:00:00 2019/03/30 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190326-OYT8I50015-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ