ウザくてもOK?新人が“ちょっかい上司”を望むワケ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「理想の上司」といえば、知的でユーモアも兼ね備え、なによりリーダーシップがある? 2月6日、今春就職するフレッシャーズが選ぶ「理想の上司」のランキングが発表された。このランキングを参考にすれば、あなたも理想の上司・先輩となれるかもしれない。PRプロデューサーの殿村美樹氏が、間もなく迎える今年の新入社員の傾向と対策を解説する。

今年の新入社員は攻略できるかも

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 早いもので、もうすぐ新年度。今年もピカピカの新入社員が入ってきます。

 本来は喜んでしかるべき、なのですが、中高年の中には逆に憂鬱(ゆううつ)になってしまう人もいるかもしれません。だって最近の若者は理解不能ですから。そのレベルはすでに「いまどきの若いものは……」なんて言葉を軽く超えた“ワケの分からない人種”の領域で、「もう私たちにはムリ」とさじを投げたくなっている方々が多いのではないでしょうか。

 しかし皆さん、安心してください。今年は少し様子が違うようです。明治安田生命が2月上旬、2017年春の新入社員が選ぶ「理想の上司」ランキングを発表しました。その顔ぶれが、これまでとガラリと変わっているのです。

 「それが何だ!」と突っ込まれそうですが、ちょっと聞いてください。前年から順位を大幅に伸ばしたタレントを見てみると、新入社員の望む上司像がぼんやり浮かび上がってくるのです。

【あわせて読みたい】
・あなたは大丈夫?間違いだらけのビジネス用語
・日給12万円!私が「ドクターX」になったワケ
・知らないと損をする会社を辞める絶妙なタイミング

1

2

3

4

5

無断転載禁止
432765 0 深読み 2017/02/18 08:12:00 2017/02/18 08:12:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170216-OYT8I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ