普通の主婦だった私がギャンブル依存症になったワケ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ギャンブル依存症の誤解

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 依存症患者も最初は、多くの人と同じように娯楽や気分転換の一つとしてギャンブルを利用していたのです。それがなぜ、依存症に陥ってしまうのか。私自身の体験をもとに、よく言われる誤解を紹介したい思います。

【誤解1】きっかけはビギナーズラック

 「ビギナーズラックが忘れられなくて、ギャンブル依存症になる」

 こんなふうに言われることがありますが、そうとも限りません。

 事実、私はビギナーズラックもありませんでした。そればかりか、大勝ちした記憶もほとんどなく、実際、一番勝ったのは海外でやったバカラで、5万円が80万円になったことくらいだったと思います。

【誤解2】勝利の快感が忘れられない

 「ギャンブラーは勝ったことしか記憶していない」

 これもよく言われますが、誤解です。やはり私の場合ですが、勝った記憶と言えば、先に述べたバカラくらいしかありません。それ以外は大きく負けたことしか覚えていません。

 むしろ負けが込み、どうにもならなかった記憶の方が強烈です。バカラで80万円勝った翌日、200万円負けてしまいました。一度、競艇でも200万円近く突っ込んでしまい、目の前が真っ白になったことも忘れられません。

 確かに、ギャンブル依存症者の中には、ビギナーズラックを持っている人もいますし、勝利の快感を再び味わいたいという思いを抱いている人もいます。しかし、それらが原因というよりも、むしろ習慣性が要因になるケースの方がずっと多いのです。

【誤解3】依存症になりやすいのは真面目な人

 「どんな人がギャンブル依存症になりやすいのか」。こんな質問を投げかけられることもあります。

 「責任感が強く真面目。自分の気持ちを表現することが苦手でストレスをためやすい」

 ギャンブル依存症に陥りやすい性格について、こんなふうに言う人もいます。こうした性格傾向は、比較的多くの当事者に見られます。でも、この傾向は、ほとんどの日本人に当てはまるのではないでしょうか。

 ですから、「どんな人がなるか」というよりも、「ギャンブルをやる人なら、だれでも罹患する可能性のある病気」と認識していただきたいと思います。

 もちろん、ギャンブル依存症の当事者だって、「ギャンブルで勝てる人なんていない」「楽して、もうかるわけがない」「結局、主催者が勝つようにできている」など、一般の人たちが理解している理屈は当然分かっています。

 それでもいつの間にか、自分の意志ではギャンブルをやめられなくなっているのです。

【あわせて読みたい】
「巨大カジノ」で日本経済は本当に良くなるのか?
ケチくさい?お金持ちになれるたった2つの習慣
「貯金2700万円」でも危ない…「老後破産」の現実

1

2

3

4

5

6

7

無断転載禁止
432668 0 深読み 2017/02/22 02:22:00 2017/02/22 02:22:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170220-OYT8I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ